YOSHIMINATSUMI

HOME

YOSHIMINATSUMI

MENU

経歴・年表

1984年 京都市生まれ
1989年 京都市北区の幼稚園に入園 
お絵かきが大好き。褒めてもらうのが大好き。

1991年 京都市北区の小学校に入学
絵を描くのが大好き。将来は漫画家になると決意し、ヘタな漫画をたくさん描く。
体育は苦手、勉強は得意。

1997年 京都市北区の中学校に入学
美術部が無かったため吹奏楽部に入部。チューバを担当。
テストで高得点をとるのが楽しくなり、勉強にハマり始める。

1997年 京都市左京区の中学校に転校
美術部はあったけど吹奏楽部に入部。人数が少ない弱小吹奏楽部だったため、ユーフォニウム(ユーフォニアム?)とチューバを掛け持ち。
勉強は引き続きがんばる。
漫画もまだ描いてたし、りぼん漫画スクールに応募もしていた。

2000年 京都市左京区の公立高校に入学
吹奏楽部に入部。チューバを担当。
1年のあいだはまだ漫画を描いていたが、部活に勉強にバイトに、と忙しくなるにつれ情熱が冷めていく。
高校では模試を定期的に受けるため、ますます高得点をとる楽しさを見出す。入学してすぐにセンター試験の過去問を入手し、8割の点数がとれるまでに到達。

が、2年のときに中だるみして成績はそこまで伸びず。結局第一志望の大学を諦め、大阪の大学に入学。

バイトは、ホームセンターのレジ。私語をしていたときに怒られて、「時給をもらうということは、勤務時間中は売上に貢献できる作業をしなければならないということだ」と学ぶ。

2003年 大阪の大学に入学
一人暮らしスタート。
同時にアルバイトスタート
【1】家庭教師……週2回
【2】塾講師……週1回
【3】キャバクラバイト

【3】にハマりすぎて勉強がおろそかになる。いかに店の売上を上げるか、指名を稼ぐか、データをとって分析して、それをもとに目標を立てるなど、とにかくPDCAサイクル(なんて言葉、当時は知らなかったけど)を回すのが楽しくてたまらなかった。

2005年 大学中退、結婚
20歳で1回目の結婚。福岡県北九州市に移住。21歳で出産。結婚後に夫の借金(しかも踏み倒そうとして利息が付きまくったやつ)を知る。債務整理について勉強し、なんとかしようと試みるも本人はその気無し。

2007年 保険会社入社
夫の給料だけでは食べていけないので仕事を始める。初めての正社員! 子持ちでもあっさり一社目で採用を決まったのは運が良かった(というか面接マナーとか教えてくれたマザーズハローワークのおじさんに感謝!)
顧客のアフターフォロー部門を担当するが保険の売上ノルマもあり給料は歩合制。商品に魅力を感じることができず、成績はあまり良くなかった。

2008年 リーマンショック・引越し
夫がいわゆる「派遣切り」状態になり、にっちもさっちもいかないので夫の実家のある大阪に引越しすることに。保険会社の支部は大阪にもあり異動はできたが、場所的に通勤が難しかったためやむなく退社。

2009年 離婚・再就職
いっこうに債務整理をしない夫に対して「だめだこりゃ」と思い、離婚。地元、京都に引越し。こんな夫なので養育費ははじめの数か月だけもらい(というかわたしが取り立てて)、その後音信不通に。

求職活動はうまくいかず、美容系のアルバイトに。半年後ぐらいに正社員登用してもらう。その後役職付きに。この仕事も歩合制。

2011年 大学入学
シングルマザーでも食いっぱぐれが無さそうな仕事を考え、教員免許をとろうと通信制の大学に入学。税理士、社労士、司法書士など1年ぐらいいろんな資格を調べて悩んだ上で、「どうせスクールとかにお金をかけるなら公務員が一番いい」という結論。

2012年 退職
気づかないふりをしていたが、どう考えてもパワハラがひどいので退社する。
退職する2か月ほど前にランサーズに登録。副業として月に2~3万円の収入を得る。

2013年 フリーランスとしてやっていこう!
前の会社を辞めたあと「派遣でもやろうかな」と考えていたが、ランサーズ上でもらうリピート依頼が絶えず、就職活動するヒマが無かった。前職の給料と同じ水準の収入が得られるようになったため、正式にフリーライターを続けることを決意する。

2014年 再婚・仕事は伸び盛り
再婚し、初めての結婚式を挙げる。結婚式、お金かけてでもやる意味はあると分かった。感動。
ランサーズが出版した本に掲載してもらったり、イベントに呼んでもらったり。報酬も徐々に上がって来たりして急成長した1年間。

子供の学校で本部役員もやり、へろへろになった1年間でもあった。

2015年 現在
大学は2014年から休学していたが、復帰の目途が立たないため退学。

ランサーズの「ランサーオブザイヤー」に選ばれる。「ママランサー賞」受賞。

日経ウーマンの節約企画で取材していただきちょこっと掲載される。その他、ちょこちょこ露出が増える。

ここから先は「メディア掲載・出演など」をご覧ください。

ここまで特に記載しなかったが、1997年から現在にいたるまでほぼずっとダイエット中。