YOSHIMINATSUMI

HOME

YOSHIMINATSUMI

MENU

クラウドワークスで月収20万円を稼ぐ人が111人いるということで、話題になっています。

クラウドワークスクラウドワークス「2016年9月期 第1四半期決算説明資料」より抜粋

多分、悪い意味で。「少なッ」みたいな。

わたしは、ランサーズを使って月収20万円以上稼いだことがあります。月収20万円超えに到達したのが2013年1月だったと記憶していますから、けっこう前になりますね。

月収20万円って、「とりあえず食っていける」というレベルですから、はじめに目指すゴールとしてわたしも意識していた数字です。

そして、ランサーズ登録後4か月で、月収20万円超を達成しています。ここで結論を言っておくと、月収20万円をランサーズとかクラウドワークスで稼ぐことは、簡単だ、ということです。

わたしはライターのことしか分かりませんが、

  1. タスクでお小遣いを稼ぎながら慣れていく
  2. 簡単なプロジェクトから挑戦していく
  3. 単価を意識してプロジェクトに参加する

この3ステップで、3か月~半年ほどで、月収20万円は到達できるのではないかと。

もちろん、もともと文章力が壊滅的だとか、人としてマナーが無い、となるともっとかかるでしょうけど。

たいていの方なら、専業でやればできるはず。わたしの場合ですが、はじめは副業としてランサーズを始めて、仕事を辞めてからだと2か月で月収20万円になっています。

そのさらに2か月後には月収30万円です。めっちゃいいじゃないですか。しかも、初心者ライターだと取材に行くようなこともないので経費はほとんどかかりません。

純粋に、月収30万円から国保とか年金保険料引いて残ったのが手取りになります。

***

さて一方で、月収20万円を、特定のクラウドソーシングで稼ぐとなると話が変わってきます。

わたしだともともとランサーズしか知らなかったのでランサーズの中だけで20万30万と稼ぎましたが、そうでない人もいます。

ランサーズとクラウドワークスの両方に登録している人は多いだろうし、他にもライティング専門のサイトに登録している人もいるでしょう。

そのほか、企業等と直接契約で請け負っている仕事があるという人もいるでしょう。

たとえクラウドワークスで月3万円しか稼いでなくても、他のルートからの収入がある人の方が多いのでは?

わたしも、今はランサーズで稼いでいる金額は少ないですよ。

多いときだと今でも20万超えるけど、少ないときだと5万ぐらいだと思う。クラウドソーシングはランサーズしか使っていないので、あとは直接契約している仕事ということになります。

わたしはランサーズ内で「報酬獲得額」も公開していますが、これも、ランサーズ外にも収入があるからできることです。
報酬獲得金額

これ、登録してから今までの3年と5か月ぐらいで稼いだ金額ですからね。ランサーズだけで。月平均13万ぐらいになるので、これだけじゃ厳しいわ。

ランサーズを使っているとお金のやりとりとか楽でいいんですが、手数料もけっこうかさむので、わたしはランサーズ外でも仕事をしています。

信頼できる相手ならランサーズ通す必要もないですしね。

なんか、「80万人以上登録者がいるのに、稼いでるのは111人しかいないなんて!」「やっぱりクラウドソーシングなんて稼げないのね」とか思われるのは嫌だなぁと思っちゃいます。

まぁ、正直111人はわたしも少ないと思ったけども。しかもライターがこのうち3.6%ですからね。4人ぐらいか。

改めて確認してみたけど、多分ランサーズだともうちょっといると思います。いつもされているのか知りませんが、月間ランキングに入るとメールが来ることがあるんですよね。

ライター部門で34位に入りましたっていうときの金額を確認してみると約25万円。ということは、その月にわたしより稼いだライターさんが33人いるってことですもんね。

もちろん、だからランサーズの方が稼げるよ! って言いたいわけじゃないですけど。

せっかく副業とかフリーランスとしての働き方が広がりつつあるのに、水を差されたような気持ちになったので書いてみました。以上です。