YOSHIMINATSUMI

HOME

YOSHIMINATSUMI

MENU

やりたいことが多くて困ってます。やるべきことも多いけど。

今も、一昨日Amazonで注文して今朝届いた本が横に置いてあるので、ずっと気になりながら仕事してます。とりあえず本片づけろよ、と自分にツッコんでます。

もし自分が2人いたら、ひたすら仕事ばかりする自分と、ひたすら遊ぶ自分に分けられるのに、とか思いますよね。あと、ひたすら家事ばかりやる自分も要りますね。毎日家じゅうの壁と床を磨きたい。

でも、自分が2人以上いたら、絶対鬱陶しいんですよ。

自分のことは嫌いじゃないし、むしろ好きですが、自分と同じ奴が近くにいたら嫌いになる。

雑な性格で、仕事ばかりしていて、意識高い系かなんか知らんけどやたら新しいことにチャレンジしたり、コロコロ言うことが変わったり、お金の計算が大好きで、ヘタクソのくせにエクセルの表作りに何時間もかけたり、気が強くて他人にも自分にも厳しくて、冷たくてあああああああ

もうやめておきますが、身近にいたら絶対イヤ。

それに、自分が1人しかいないからこそ、尊いわけですよね。

仕事ばかりしているわたしだと、遊びや家のこと、子供のことから学ぶことはできないから、良い仕事はできないでしょう。

遊んでばかりいても楽しくないだろうし。

人によっては、「ずっと遊んでいたい」、「ずっと仕事ばかりしていたい」ということもありそうです。

でも、わたしはそうじゃない。

飽き性で一つのことに集中できないわたしは、仕事とか遊びとか親としての役割とか、そういうのを分けずに生きた方が合ってます。

で、やっぱり自分は1人でいいという結論になるわけですが、そうなると、

やっぱり時間が足りない

みたいなアホな堂々巡りを始めることになってしまいます。

このアホな堂々巡りは、高校生の頃からやってます。

でも、ただ堂々巡りを繰り返しているわけではなく、らせん状に、少しずつ改善されつつあります。

少しずつ生き方をシンプルにしようと考えてみたり、
少しずつスキルアップして効率よく動けるようにしたり、
少しずつ、少しずつ成長はしているんですよ。

最近は瞑想力を伸ばそうと頑張ってます。
「瞑想力」って言葉は無いですけど。

意志力とか集中力、判断力なんかを伸ばすのに瞑想が有効っていうのはいろんなすごい人が言ってることであるからして、わたしもやってみようと。

これも10代の頃から自己流でやってることではありますが、まだまだ瞑想力が伸びる気がして。

そのうち大阿闍梨になりたいとか言いそうな自分が怖いですが、そこまでの根性は無いと思うので大丈夫だと思います。

……雑念が多い状態で書いたらこんなことになる、という見本のような文章やな。