YOSHIMINATSUMI

HOME

YOSHIMINATSUMI

MENU

クランベリーレモネード

仕事をする上では、「自分事化する」っていうのはホントに大切だなーと思うわけですが。
自分事化するのは簡単だ。むしろ、得意すぎて困っているのですが?

自分事化する=素晴らしいこと

ではありません。

使い方を間違えるとダメなんです。

とんちんかんな批判をする人たち

手っ取り早く、引用しておきます。はあちゅうさんの記事ですが、まさしく「間違った自分事化」のことが書かれていると思います。

抜粋したいけど、長くなるのでリンク先で読んでください。

わたしなりに要約すると、特定の人を批判しているわけでもないのに、「自分のことだ」と勘違いして批判してくる人ってなんかねー。みたいな感じです。

わたし、コメント機能って苦手なんですよ。だから、このブログにはコメント欄を付けていないし、ヤフコメも見ないことにしている。(たまに、精神を鍛えようと思って見てますが)

ヤフコメとかまさにそうですが、自分のこと言われてないのに自分のことだと思って怒ってる人が多すぎる。

これぞ、間違った自分事化なのです。

間違った自分事化をしないためには

間違った自分事化をしてしまう人の特徴は、
悪いことは環境(他人)のせい、良いことは自分の実力と思いがち
ということです。

悪いことは自分に問題が無かったか振り返り、良いことは(もちろん自分もがんばったけど、)周りのおかげって思った方が平和です。

悪いことについては自分の非を探す。これをするには、自己肯定感が必要になるでしょうから、多分、間違った自分事化をする人は自己肯定感が低いのだろうと。

自己肯定感は自分で伸ばすことができるので、間違った自分事化をしてしまうクセがある人は意識してみたらいいと思います。