YOSHIMINATSUMI

HOME

YOSHIMINATSUMI

MENU

本日、2016年3月11日。

2002年3月11日のわたしに伝えたいことがあります。

高校2年生のあなたは今、京都教育大に行って、小学校教員の免許をとって、小学校の先生として活躍する未来を夢見ていますね。 

やりがいのある仕事だし、公務員なら安定しているし、お母さんも安心してくれるでしょう。

でも、今のわたしは小学校の先生をしていません。いろいろあって、フリーライターをしています。

その理由は詳しく言えないけど(言ったら面白くなくなるから)、とにかく公務員とか会社員が安定している職業ではない、ということを伝えたいと思って、手紙を書くことにしました。

これからの14年間で、世の中は大きく変わっていきます。

あと2年ぐらいで、携帯電話のインターネット通信が、定額制になります。つまり、月に4千円ほど払えば、どれだけ接続しても追加料金はかからないのです。ちなみに今はもっと安くなっています。

今より多くの人がインターネットに触れる時代になり、メールよりも便利な連絡手段がたくさん出てきます。

携帯電話に付いているカメラの性能も劇的に向上し、高いデジタルカメラと同じぐらいのきれいな写真が撮れるようになります。

インターネットを通じた情報発信がさかんにおこなわれるようになるので、わたしのような書き手にとってはいくらでも仕事がある、という、うれしい状態です。

あなたの今の価値観では、「フリーライターなんて不安定な仕事!」と思うでしょう? そんなことはありません。

具体的な金額は書けないけれど、あなたが想像するよりはるかに豊かな暮らしをしていますよ。ついでに言うと、もう結婚していて、子供もいます。

※2016年現在では、共働きは過半数を超えているから、子供がいても結婚していてもバリバリ働くのは珍しいことではありません。

公務員はたしかに安定しています。よほどのことが無い限りはクビになることも無いでしょう。ただ、はっきり言って、教員の仕事は激務です。精神的な負担も少なくありません。親御さんの相手も大変だろうと思います。

体や心を壊して辞めてしまう先生も多いので、安定しているとは言い難いな、と感じています。

会社員も、安定しているとは限りません。大企業が潰れてしまうこともあれば、大量の会社員が解雇される(リストラと言います)、ということもありました。

公務員だから安定している。
大企業だから安定している。

これは間違い。
職業や会社名はどうでもいいことで、大事なのは「自分自身で稼ぐ力をつけていく」ということです。

つまり、どんな働き方を選んだとしても、一生懸命働いて重宝される人間になること。そうすれば仕事に困ることはなくなります。

わたしも今はライターをしていますが、別にライターという仕事に固執しているわけではありません。わたしが役に立てる仕事であれば、なんだっていいと思っています。それぐらい、職業や雇用形態にこだわるのはどうでもいいことなんです。

今のあなたは自分にあまり自信が無いですよね。でも、あなたはそこそこ頭も良いはずだし、しっかり本を読んで、人を大事にして、誠実に生きることをしていけば、稼ぐ力は備わってくるはずです。

さて、でも今は大学に入るために勉強しているのですから、その道で進めてもらってもかまいません。

一応わたしが「あのときこうしておいた方がよかったな」と思う進路もあるので、また今度お手紙書きますね。

P.S.
高校のとき受けた小論文指導のおかげもあって、今の仕事ができています。いつもがんばってくれてありがとう。