YOSHIMINATSUMI

HOME

YOSHIMINATSUMI

MENU

ガーデニングミント

少し前に、「年収100万円の豊かな節約生活」という本を買いました。

Kindle版が安くて。

移動中にちょこちょこ読んでいたのだけれど、これ、本当に面白いですね!

年収100万円の豊かな節約生活

山崎 寿人 文藝春秋 2011-06-24
売り上げランキング : 115671

by ヨメレバ

なんで今まで読まなかったのか。

実際に年収100万円程度で20年間も生活しているという方が書かれた本です。

タイトル通り、この節約生活はそれはそれは「豊かな」ものでした。

ただただ我慢するのではなく、創意工夫をしながら生活されていて、節約を楽しんでおられます。

漫然とお金を使っている人には読んでほしい

残念ながら、わたしにはマネできません。わたしは仕事をするのが大好きだから……。

フリーランスだと仕事が選べるし、満員電車にも乗らなくていいですからね。今後も、がつがつ働き続けるだろうと思います。

この本では、徹底的に生活コストを下げるためのノウハウが余すことなく語られています。

面白おかしく読めるエッセイというだけでなく、実践的な方法論も詰め込まれているので、

豊かな節約生活をしたい人にとってはバイブルにもなりえるのではないでしょうか?

生活コストは下げておいた方がいい

わたしは、お金をたくさん稼ぐかどうか関係なく、生活コストは安くしておいた方がいいと思っています。

収入を上げるのは簡単じゃない

「たくさん稼ぐ」と言っても、ビルゲイツほどの金持ちになれるわけでもないし、たかが知れています。

「けっこう稼いでるねー!」っていうレベルでは、自由にお金を使えるほどにはならないでしょう。昔は年収1000万もあればすごいって思ってたけど、年収1000万ぐらいじゃできることも少ない。

だから、生活コストを下げることが大切なんです。

生活コストを下げておけば、あとは稼げば稼ぐほど「自由に使えるお金」が増えていきます。

節約するとお金を有意義に使える

住居費や被服費に大金突っ込むよりも、本当に行きたいと思うところに行けたり、本当に欲しいものをすぐに買えたり、ということの方が価値がある。

もちろん、年間100万円で生活するというのはけっこう大変なものだし、わたしはそれなりに外食もしたいのでマネできないけど。

でも、よく考えたらうちは3人家族だから、「1人あたり」に換算すればいい線行ってるかもしれない!

楽しく節約したい人におすすめ!

著者の山崎さんもおっしゃっていますが、この方は別にそんなすごい節約をしているわけではないです。

もちろん、世間一般から見ればかなりの節約家なのでしょうけど。

わたしと同じようにもともと生活コストを低くしている人にとっては、そこまで度肝を抜かれるようなことは書かれていません。

ただ、ご自身の趣味(ライフワーク?)である料理への姿勢とかは見習いたいものがあったし、豊かに暮らしてはいるけど、やっぱり予算管理はきちんとされている、というのは参考になりました。

節約と聞くとそれだけで「我慢」とか「恥ずかしい」とかネガティブなイメージを持つ人がいますが、この本を読めばイメージが変わるのではないでしょうか?

楽しく節約して
本当に価値のあるモノにお金を使いたい

という人にはおすすめです!

年収100万円の豊かな節約生活

山崎 寿人 文藝春秋 2011-06-24
売り上げランキング : 115671

by ヨメレバ