YOSHIMINATSUMI

HOME

YOSHIMINATSUMI

MENU

01

確定申告って言葉にアレルギー反応起こす人、めちゃくちゃ多いです。多すぎる。

フリーランスにしても、
副業でやるにしても、

「確定申告とか難しそうだからやりたくない、怖い」

みたいなこと言って何もやらない人が多いよ!

やる前から難しいかどうかわかるなんてすごーい★

たしかに、難しい部分もあります。

でもね、Webライターに関して言えば、そんなに難しくありません。

特に、初心者ね。

初心者Webライターだとお金の流れもシンプルなので、青色申告でも簡単。

さらに、マネーフォワードのMFクラウド確定申告とかfreeeとか使えばびっくりするほど簡単です。
……eの数合ってるかな?

というわけで、わたしがWebライター向けの確定申告のポイントをまとめます。

確定申告とは所得税とかを適正に払うための手続き

確定申告の概要をまとめるので、知っている人は飛ばして大丈夫です。

所得税・住民税は、このように計算されます。

※1月~12月までの1年間で計算。

収入-経費=利益
利益×税率=税金

利益がいくらあったかによって税率が変わりますが、自動で計算してくれます。

つまり、収入と経費を合計して、利益がいくらになったか分かればそれでいいんです。

収入と経費の計算方法

それぞれの数字について解説します。

Webライターの収入

収入は、1年間の売上の合計です。

12月のお仕事で振込が翌年1月になったとしても、それは12月分として計上するのが基本です。

Webライターの経費

仕事のために買ったものとか使ったお金の合計です。

初心者Webライターの場合、こんなものが経費になります。

  • PC代
  • 月々の通信費
  • 文房具代
  • 本や雑誌代(電子書籍やnoteなど含む)
  • 事務所代

事務所代とは、家の家賃や水道光熱費ですね。

家で仕事をする場合でも、事務所として使った分だけ経費にできます。(家事按分と呼ばれる)

使用面積や使用時間で割合を決めてください。会計ソフトを使えば家事按分(部分的な経費)は勝手に計算してくれます。

それ以外の経費

国保や年金など社会保険料、医療保険とかの生命保険料などは、仕事以外の経費として差し引けます。

これを「控除」と言います。

社会保険料控除、生命保険料控除、なんて呼ばれます。

払ってないけど経費

職業に関わらず、払っても無いのに経費(控除)として使えるものがあります。

  • どんな人にも使える基礎控除
  • 配偶者を養っている人が使える配偶者控除
  • 16歳以上の人を養っている人が使える扶養控除
  • シングル家庭が使える寡婦(夫)控除

など。

実際にお金を払った経費とかじゃないけど、「誰かを養うとそれだけお金もかかるよね」とか「母子家庭だと大変だよね」みたいな感じで控除できます。

控除が多いほど「利益」は少なくなり、支払う税金が少なくなりますよ。

確定申告のために作る書類

確定申告をするには、以下の書類を作成しなければなりません。

  • 会計帳簿
  • 決算書
  • 確定申告書

会計帳簿は仕訳帳だけでOK

仕訳帳、総勘定元帳、現金出納帳などいろんな帳簿をまとめて会計帳簿と言います。

でも、会計ソフトを使えば、実際に作るのは仕訳帳だけでいいです。

仕訳帳というのは日々のお金の動きをすべて記録したもの。

これさえあれば、あとは仕訳帳の情報から自動で他の帳簿が作成されていきます。

仕訳帳は後からもう少し詳しく解説します。

決算書と確定申告書は自動で作れる

確定申告で提出するのが、決算書と確定申告書です。会計帳簿は要りません。

2月になれば、会計帳簿をもとに決算書と確定申告を作成します。

ただ、会計ソフトを使っていればこれも自動で数字が反映されます。

自分で入力するのは「社会保険料控除」とかの、仕事以外の経費のところだけ。あと住所とか。

それだけで書類は完成します。

それなのに毎年2月に焦っている人が多いのはなんでかって?

仕訳帳の作成をサボったからですよ(笑)

仕訳帳に記入するのを後回しにしていると、確定申告前に焦ってしまうので、せめて月に1回ぐらいはやっておきましょう。

仕訳が分かればもう怖くない

仕訳とは、お金の動きの詳細を記すものです。

支出なら
何に対して
どこのお金が
いくら使われたか。

例:旅費交通費 200 / 現金 200
仕事の交通費で
現金を
200円使った

収入なら
どこに、
何のお金が、
いくら入ったか。

例:普通預金 50,000 / 売上金 50,000
普通預金口座に
仕事の報酬(売上金)が
50,000円入った

分からなくなりがちな仕訳

仕訳の中でも、わたしがはじめ困ったのが生活費の扱いと、クレカを使ったときの仕訳です。

使った生活費は事業主貸で処理

生活費にまわすお金はこんな感じになります。

例:事業主貸 100,000 / 普通預金 100,000
※生活費とか、家計用に使うお金のことを「事業主貸」と言う

生活費として
普通預金口座から
100,000円支払った

はじめのうちは事業用口座とか分けてないと思うので、たまに現金出納帳とか預金出納帳を見て、残高が増えすぎていたらいくらかを「事業主貸」で処理しておく、みたいな感じでいいと思います。

クレカを使ったときは事業主借で処理

クレカで仕事のものを買ったときはこうすると楽です。

例:通信費 5,000 /事業主借 5,000

通信費を
家計のお金から
5,000円払った
はじめは事業用のカードとかも持っていないですし、「家計用のクレジットカードで買った」という扱いにするんです。

事業用として処理する場合は

通信費 5,000 / 未払金
未払金 5,000 /普通預金

みたいに使用日と引落日2回に分けて処理することになってややこしいです。

当面は事業主借を使って処理するのがおすすめです。

初心者は手入力がおすすめ

MFクラウド確定申告とかだと、銀行口座やカードの履歴を自動で読み込んで仕訳までしてくれます。すごく楽!

ただ、初心者の場合は口座を連携させず、手入力の方が分かりやすいです。それなら無料プランでいけるかも。

プライベートで買ったもの
配偶者の給料
とか余計なものもたくさん読みこんじゃうから。

だから銀行口座とかカード情報は同期せずすべて手入力した方がいいかな。

収入は、銀行口座の明細をもとに入力。

経費は、銀行口座の明細やクレカの明細、それからレシートをとりあえず保存しておいて、その中から経費になるものを入力すればいいです。

難しいのではなく「面倒くさい」が正しい

確定申告は難しくありません。確定申告というか、日々の仕訳が面倒くさいだけです。

覚えないといけないことは多いし、ちまちま経費を入力していくのも面倒くさい。

ただ、難しいということはありません! 覚える内容も簡単。

分からないことが出てきたらその都度検索すればいいし。

わたしも、勘定科目はよくググります。
※勘定科目とは、仕訳で使う「水道光熱費」とか「仮入金」とかの名目のこと。

やる前から難しそうとか言って、
フリーランスになるのを躊躇したり
副業の稼ぎをセーブしたり
そんなのもったいなさすぎる!

ライターの場合は商品の仕入れとかもないし、
初心者Webライターなら取材費とか会議費とかもほとんどなくてシンプルだし、

まずは稼いでみましょう!

「難しい……」とか言って困るのは、事業規模が大きくなってからの話です!!