YOSHIMINATSUMI

HOME

YOSHIMINATSUMI

MENU

34

本日発売のCHANTO5月号に掲載されています!

29

「1円もムダにしない賢い買い方」

取材依頼、ということでお受けしましたが、ライティングまでやらせていただきました。

紙媒体でのライティング、初めてです。
しかもこんな有名な雑誌!

最近一番興奮した仕事です。
紙媒体だからとか、報酬が大きいから(笑)、というだけじゃなく。

このお仕事をお受けしてから、
まずは編集の方と何度か電話で打ち合わせをして、
少しずつ内容を固めていきました。

次に、ページのレイアウトとかが書かれたコンテが送られてきました。
どこにどんな画像を配置して、どこに何文字ぐらいの文章を入れる、みたいなことが書かれたものです。

「雑誌ってこうやって作られてるのか~」と1つめの興奮。

また、価格の調査とか、そういうのは編集の方でやってくださいます。

わたしは送られてきた内容やコンテに合わせて、文章を入れていきます。

普段から一応こういう雑誌には目を通しているので文章の雰囲気もわかっているのですが、いざ書いているとなかなか難しい。

修正覚悟で送りましたが、一発で通りました。(スケジュールがタイトだったから、という理由もあると思いますが)

数日後、完成されたテキストが戻ってきました。

わたしが書いた文章が編集されたもので、わたしからの修正が無ければもう完成、という段階。

ここで、興奮のピークでした!

編集の力ってすごいんです。
完成した原稿は、たしかにわたしが書いたものなんだけど、わたしが書いたものじゃない。

細かい言い回しが修正されていたり、若干の文字数調整がされていたり、文の前後が入れ替わっていたり。

整形して美人になるってこんな感じなのかな。
顔も、ちょっといじっただけですごくきれいになったりするじゃないですか。
わたしいじってないからこんなですけど。

プチ整形で二重にしたり、鼻にヒアルロン酸注射したりしても整うでしょ、顔が。

そんな感じだった。

もちゃっとしたわたしの文章が、編集の魔法で美しく整っていました。

仕事が終わったとき、胸がバクバクして、
夜中に1人、リビングをぐるぐる歩きまわるほど。

信じられないぐらい興奮しました。

すごい! すごい! すごい!

別に、普段ならなにげなく見てる節約特集の1つなんだろうけど、
こうやって、いろんな人が関わって作られていくのですね。

当たり前のことも、体験してみると景色が変わる。

数年前と比べればずいぶんと景色が変わったもんだ。

思い出したら興奮が蘇ってぐだぐだになったけど、
それぐらいうれしかった、というお話です。

CHANTO5月号、良かったら読んでみてくださいね!

きちんと原稿料は支払われるのだけど、
今日送られてきた掲載誌に
謝礼として図書カードも入ってた。
得した^^