YOSHIMINATSUMI

HOME

YOSHIMINATSUMI

MENU

わたしはライターとして、いろんなお仕事をしてきました。

今も複数の媒体でお仕事させていただいておりますが、媒体ごとの書き分けというのはどうしても必要です。

クライアントによってはわたしが書いてる他媒体の記事も読んでくださったりするんですが、「全然雰囲気が違いますね!」とよく言われます。

媒体ごとに書き分けをしているからです。それはもう、憑依レベルで。

「わたし以外わたしじゃないの」と言って自分の作風にこだわるよりも、媒体ごとに書き分けをした方が、Webライターとしては稼げるようになります。

あ、別にゲス乙女をdisってるわけじゃないです。好きでも嫌いでもないですよ。

作風にこだわりたいならブログ作って個人的にやってください。稼げるかどうかは分からんけどね。

憑依には方法論がある

憑依とは、何かがのり移ることを言います。悪霊がのり移る、とか。憑依型俳優とか言いますよね。松山ケンイチさんとか、山田孝之さんとか。

わたしも、記事を書くときにはいろいろな人を憑依させています。

と言っても、実はけっこうテクニカルな方法論があって、それをちょっくら紹介しましょう。

とにかくそのメディアの記事を読む

今から作るサイトとかだとできないですが、既存のサイトに書かせていただくときは、そのサイトの記事を読みまくります。

読みまくることで、そのサイトでの執筆ルールやクセが分かってきます。

親近感を持たせる感じ、お堅い感じ、箇条書きが多い、画像が多い、などなど。

徐々に、全体の雰囲気や細かい書き方の部分が分かってくるようになります。

書き手を憑依させる

その媒体の傾向が分かることで、「中の人を憑依させる」ことができるようになります。まだまだ未熟ですけどね。

これは特定のライターさんや編集者さんというよりは、サイト全体の雰囲気を擬人化したもの、っていうイメージです。わたし的には。

すると、そのサイトのカラーに合った文体に近付いていくようになります。

読者になると書くべきことが分かる

書き手だけでなく、読者を憑依させるもの大切です。自分が書くことになるメディアの記事を読みまくれば、読者層もだいたい分かりますよね。

というか、純粋にただの読者になるように意識する、と言う方が近いかも。そのサイトに訪れた人が何を知りたいのか? それを知るには、自分が読者になるのが一番かな、と。

読者を憑依させることで「もっとこんな記事があるといいんじゃない?」ということがなんとなくわかるようになります。

徐々に憑依してくる感じがなんとも言えない

憑依させると言ってもわたしは天才じゃないので、はじめから上手くいくわけではありません。はじめは、「どんな語尾が多いか」とか細かい部分を真似しながら書くだけ。

でも、長く書かせていただくようになると、憑依レベルが上がってくるのを感じます。完全にそのサイトが自分に憑依して書かせているような、不思議な感覚です。

もともと人に対する共感性が高いタイプなので、憑依させるのも得意なのかもしれないです。知らんけど

関西人ってよく語尾に「知らんけど」って付けて逃げますよね。笑

正直、編集の力も大きいです

Webメディアだと編集が事実上いないことも珍しくないのですが、編集が入ると、ガラリと文章の雰囲気は変わります。

ここまでは「わたしは書き手を憑依させることができるのじゃ」とエラそうぶっていましたが、実際は編集の力が大きいです。

わたしが書いた文章はあくまでもジャガイモとかの材料で、あとは編集の人がそのお店(媒体)に合わせた料理にしてくれる。

とは言えライターとしては、編集さん任せにせずに、自分でちゃんとそのメディアのニオイを嗅ぎ取って、憑依させていくことも必要だと思うのです。

書き分けの具体的なテクニックはnoteで詳しく解説しようっと。
ここで詳しく書こうと思ったらちょっと書きづらいこともあったり、なかったり(´-`)