YOSHIMINATSUMI

HOME

YOSHIMINATSUMI

MENU

とある用事があって、自撮りについて調べていたんですが、「自撮り コツ」で検索したところで、出てくる情報は知ってることばっか!

新しい情報は無いんかい。

もう、検索には頼らず、自分でいろいろ試してみました。

その結果、すっぴんでも超可愛く自撮りできる最強アプリを見つけました。

論より証拠です。

24

この画像、わたしです。

すごくないですか! 誰やねんっていうレベル。

すっぴんで、髪もボサボサの状態で撮影した写真ですよ。

使ったアプリは2つ。

1つめは、知ってる人も多いですよね。Beauty Plus(ビューティプラス)です。

2つめは、Makeup Plus(メイクアッププラス)。

この2つを使って、すっぴんがべっぴんになるまでをご覧いただきましょう。

わたしのガチすっぴんです!!

44
何のためにこんなに体張ってるのか分かりませんが、これはガチのすっぴんです。
せめてもの小さめサイズです。

この写真自体はビューティプラスで撮影。

ここから、まずはビューティプラスの「高級美顔」で加工していきます!

ビューティプラスの「高級美顔」機能

07
初期状態。

ここから、まず輪郭を調整しました。影の具合でやつれて見えたので。それから、クマを消して、目を少し大きくしました。

54
まだ全然わたしですね。

次に、画像を保存して、下の画像真ん中の筆みたいな絵をタップ。

17
すると、メイクアッププラスに移動します。メイクアッププラスを入れていない場合は、インストールしてください。

メイクアッププラスがヤバすぎる

ファンデーションを調整していきます。
51
顔が明るくなりましたね。

次にリップを調整。
42
もし、顔認識がうまくいっていなくてズレる場合は、手動で調整もできますよ。
14
この白い点々を触って各パーツに合わせてください。

チークと眉毛を入れました。顔が華やかになってきました。
26
いよいよアイメイクを入れます!
41
アイメイクは特にフィットしにくいので、手動で「白い点々」を調整して自分の目に合わせましょう。タレ目っぽくしたりツリ目っぽくしたりもできますよ。

微調整を繰り返して、目元が完成!
32
さらに、二重にもできます。わたしはもともと二重なんですが、さらにくっきりさせてみました。
46
最後に、カラコンを入れてみました。別人感を出したかったので。
10
目ん玉も、大きさを調整できますよ。一回り大きくしました。

そして、メニューの一番端に「美顔補正」というのがあるので、そこをタップするとビューティプラスに戻ります。

ビューティプラスのフィルターでいい感じのものを選びます。
19
さらに、チルトシフトとビネットをオンにすると、いい感じにボサボサの髪がごまかせました。

詐欺写真の完成!

24

超~楽しかったです!

どんだけ時間かけてもなれない顔になれちゃいました。

もう自撮りも怖くないよ!

わたしは肌が弱いこともあって、普段あまりメイクをしません。メイクをしたところで、あまり変わりません……。

今までもたまに、「この写真、モノだけじゃなくて自分も映ってた方がいいんやけどな」ということがありました。でも、そのためだけにメイクするのもつらいなって思ってたんですね。ほんと肌弱いんで。

この2つのアプリがあれば、すっぴんのまま撮影しても全然「問題ないレベル」に補正できちゃうよ。

ちなみに、アプリのすごさを伝えるために大げさな加工をしましたが、ナチュラルな加工もできます。

元が可愛い人にはこのアプリがおすすめ

今回わたしが使ったアプリはこの2つ。

でも、普段からちゃんとメイクしてる人には、もっと手軽なB612がおすすめです!

こっちはフィルター機能を選ぶだけで手軽にきれいな自撮りができるアプリです。すっぴんはごまかせませんが、肌質とかは全然ごまかせます。

フィルターはめちゃくちゃ種類が多いです。が、気に行ったフィルターは長押しするとお気に入りとしてまとめて表示できるようになって便利ですよ。

わたしもまともにメイクしてるときはこっち使お。

すっぴんでもメイクしてるっぽく撮りたい人や、詐欺写真撮りたいという人は、ビューティプラスとメイクアッププラスを駆使してトコトン詐欺りましょう!