YOSHIMINATSUMI

HOME

YOSHIMINATSUMI

MENU

やりたいことがあってもなかなか行動を移せない

っていう人にはいろんな問題があるんだけど、

その1つに

怒られるのが怖い

っていうのがあるんじゃないかと思ってます。

たとえば会社を辞めるということで言うと。

「我慢が足りない」
「甘えている」
「常識が無い」

みたいなことを言われるんじゃないかって心配してるんですよね。

怒られたくないから、行動に移せなくなる。

でもね、そんなこと心配してたら何もできないよ。

何も頑張らないうちから「俺はもっとビッグになる」とか言って
辞めちゃうのはどうなのかなーと思うけど

頑張ってるのに会社が合わないとか上司が合わないとかなら、
辞めた方がいい。

わたしは退職も離婚も経験してるんだけど、
どっちも自分なりに頑張って、
でもダメで、

今となっては
(´-`).。oO(もっとはよ辞めたら良かったわ

と思っています。

あとね、怒っている人は、あくまでも他人なんです。

「会社辞めるなんてダメだ」と怒るような人は、

あなたの代わりにうつ病になってくれるわけでもないし、
あなたの代わりに稼いでくれるわけでもない。

自分の心も体も自分のもの。
自分の生活費は自分で稼ぐもの。

怒る人は怒るだけ。

そんで、世の中にはいろんな人がいて、
怒りポイントも人それぞれ。

いろんな価値観の人がいるから、
万人に納得される生き方なんて無理。

いくらわたしが
「あの人優秀だから独立すればいいのに」
と思っていても、
本人は雇われている方が気が楽なのかもしれないし

いくら誰かがわたしに
「うちの会社で働きませんか?」
と言っても
今のわたしにはそんなつもりが無いし

そんなもん。

まず、怒ってくる人ってそんなにいないです。

インターネットの世界にはいるかもしれないけど、

現実世界にはそうそういないでしょ。

友達なら応援するでしょ。

あと、怒られまいと、
いろんな人に配慮しすぎると
本当に何もできなくなる。

「これは動物愛護団体に何か言われるかもしれない」
「これはフェミニストに何か言われるかもしれない」
「これは既婚者の反感を買うかもしれない」

とかいろいろ可能性はあるけど、
あまり配慮しすぎてはダメ。

怒られたときに謝ればいいんだから。
謝って、次からやらないようにすればいい。

怒られたときに
「でもこれはわたしの問題だ」
って思うことは、謝らなくていい。

レディー・ガガが生肉ドレスを作って怒られたときは
謝った方がいいと思ったけど、

カップヌードルのCMが怒られたときは
謝らなくて良かったんじゃないかな。

好きだったのだけど。

というわけで、もっと
バカ、やろう!

怒られたら、
怒られたときに考えよう。