YOSHIMINATSUMI

HOME

YOSHIMINATSUMI

MENU

Webライターもはじめのうちは、そうそう単価の高い仕事を見つけられるわけではありません。

たいていは、1文字1円以下の仕事になりがちです。わたしなんて0.1円からのスタートですし。

でも、1文字1円ってことは、1日1万文字書いてやっと1万円なんですよ。

1日1万文字、書けます?

もちろん記事の内容によって書ける文字数は変わってくるんですけど、1文字1円以下の仕事で、そこまで手間がかかる仕事はないはず。

もし、1文字1円ももらってないのに取材させられたり投稿までさせられたりしてるなら、ちょっと安すぎ。早めに違う仕事探した方がいいです。

1文字1円以下の仕事でテキストのみの納品なら、わたしは1日3万文字書けます。
最高記録は3万8千文字です。←頭痛くて死にそうになった

まぁそんなことはどうでもいいんですけど、とりあえず1万文字書けるぐらいには速くないと、生活はしていくのは難しいよねって話で。

文字単価の高い仕事が獲得できるならそっちの方がいいけど、現状それが難しいなら、まずは速く書けるようになりましょう!

速く書くためには、自分のどこが遅いのかに気付かなければなりません。

調べるのが遅いのか、
まとめるのが遅いのか、
文章書くのが遅いのか。

書くのが速い人は、多分この3つを同時にできるんじゃないかな。調べながら頭の中でまとめて、それをそのまま原稿にしていく、みたいな。

あと、書くスピードだけじゃなくて、取り掛かるのが早いかどうかもありますね。
ゴロゴロだらだらせずに、さっさと取り掛かってるか。

わたしもだらだらしますけど、周りからはフットワークが軽いだの仕事が早いだと言われるので、やっぱり早いんだと思います。

速く書くためにはいろいろテクニックがあるだろうけど、結局は数をこなすのが一番なんじゃないでしょうか。

わたしだって、もともとはキーボード打つのもめちゃくちゃ遅かったし、タッチタイピングなんて夢のまた夢でした。でも、毎日毎日記事書いてると、どんどん速くなってくるものです。

「クラウドソーシングなんて稼げないよ」と思っちゃう人は、そもそも書くのが遅いんじゃないかな?

ちなみに、わたしが1日で3万8千文字書いたのが、ランサーズに登録して1年後ぐらいとか。多分。3万文字書けるようになったのは、ランサーズ登録から8か月後、月収30万を達成したときからです。

書くのが早くなってくるとクライアントから重宝され、任せられる仕事量も増えてくるもの。仕事量が増えればさらに書くのも早くなるというスパイラルに入るはずです。

詳しくはまたゆっくりまとめようかな。

参考にしていただければうれしいです(゚ー゚*)