YOSHIMINATSUMI

HOME

YOSHIMINATSUMI

MENU

Webライターと名乗る人がたくさんいて、わたしもその1人なんですが、

Webライターって言ってもいろいろですね。

営業職にもルート営業とか新規営業とかいろいろあるように、

Webライターにもいろいろある。

ざっくり分けると、3つの種類があります。

わたしはそれぞれ、このように名づけてみました。

  • 量産型Webライター
  • 職人型Webライター
  • 複業型Webライター

量産型Webライター

すきま時間でできるような簡単なライティングを請け負う。文字単価0.5円前後。

向いているのはこんな人です。

  • 月に2~3万円の副収入が欲しい人
  • 空いた時間を有効に使いたい人
  • 文章を書く仕事に興味がある人

仕事内容としては、自分の経験を書く体験談やブログ記事代行、アフィリエイトサイトのコンテンツ作成など。比較的誰にでもできるお仕事です。

職人型Webライター

ライティングのプロフェッショナル。専門知識が必要な記事作成など、比較的時間のかかるライティングを請け負う。文字単価5~10円(以上)。

こんな人に向いています。

  • ボリュームのある記事が書ける人
  • 文章力がある程度高い人
  • Webライティングに精通している人

企業サイトのライティングや、有名メディアでのライティングなど、あらゆるライティングに対応できるWebライティングのプロ。バズライティングができるとか、文字単価が高い分、要求されるレベルも高くなります。

複業型Webライター

Webライティングのとらわれず、いろんなことをしてる人。

わたしはこの部類だと思ってます。

  • ある程度いろんなWebライティングができる人
  • テレビや雑誌への露出もいとわない人
  • Webライター以外の仕事もしたい人

Webライターの仕事もしつつ、他の仕事もやる人です。ライター兼ブロガーとか、ライター兼カメラマンとか、ライター兼ライティング講師とか。

雇用されているかどうか関わらず、複数の仕事をしているパラレルキャリア型です。

「量産型Webライター」はステップアップが必要

職人型と複業型は、十分食っていけます。

でも、量産型Webライターは、長くやるものではないです。

食っていけない人もいる

量産型でも食っていけないことも無いけど、文字単価が安いため、相当大変です。気軽な副業としてやる分にはいいでしょうけどね。

本業にするのは相当難しいです。文字単価0.2円とかではまず無理。わたしの感覚では、とりあえず文字単価0.5円あれば食っていけるかな、という感じ。

それでも、1か月に40万文字書いて20万ですよ。本業にしても、良い暮らしができるとは言い難いです。

食っていくにはかなり消耗する

1か月に40万文字って慣れれば全然無理じゃないんですけど、やはり消耗します。

だって、ひたすらキーボード叩きまくる仕事ですよ。文字単価が安いと内容自体は難しくないので、インプットにかける時間は短くて、とにかくアウトプットアウトプット!

わたしもはじめの1年ぐらいはほとんどそんな感じで、腱鞘炎になりかけました。長くやる仕事ではないな、と思いますね。

一時的・計画的なご利用を。

量産型Webライターはそもそも本業にするのが難しいし、本業にできても、長く続けるのが大変です。

やるとしても、ステップアップが必要。職人型か複業型へと、ステップアップしましょう。

わたしの場合だと、まずは職人型へとステップアップした感じです。筆力が付いてくると、徐々に難しい内容を任せてもらえるようになったり、実績を買われて良い案件の直接依頼が来たりします。

それと同時に徐々に量産型の仕事を減らしていったという感じ。

辞めると言うのは心苦しいけど、職人型のスキルが身に付いているのにいつまでも量産型の仕事をするのはもったいないと思うんですよね。

それこそ、量産型の仕事はどんどん初心者の方とかに回したい。っていう気持ちもあります。

自分がどのタイプか考えてみよう

わたしの場合は、ライティング以外の仕事もいろいろ声をかけてもらい、人前に出るのも顔出しするのも抵抗が無いから、結果的に複業型っぽくなったなぁ、みたいな。

「そろそろもっと難しい仕事もできるんじゃない?」と思ったらステップアップした方がいいんじゃないかな。

量産型Webライターの方がいい、という人もいるだろうしあくまでもわたしの考えです。

Webライターにもいろんなタイプがあるので、自分の適性を考えてみると働き方への姿勢も変わってくるはずですよ。