YOSHIMINATSUMI

HOME

YOSHIMINATSUMI

MENU

怒ると叱るには違いがあるのだけど、
意識的に使い分けている人がけっこう少ない気がして。

だから、今日のテーマは「怒ると叱るの違い」でござる。

「わたしなりの解釈で違いを説明」シリーズ。ゆるく、違いを説明します。
全然人気無いのにしつこく続けていこうと思っています。(゚ー゚*)

わたしなりの解釈で違いを説明

怒ると叱るの違いをざっくりと。

さくっといきましょう。

怒るは感情の1つ

1 不満・不快なことがあって、がまんできない気持ちを表す。腹を立てる。いかる。「真っ赤になって―・る」
2 よくない言動を強くとがめる。しかる。「へまをして―・られた」
デジタル大辞泉より

喜怒哀楽という言葉があるように、「怒る」というのは感情です。

叱るという意味でも使われますが、ややこしいやん。それやったら「叱る」って言ったらいいやん。

叱るは悪いことをとがめること

目下の者の言動のよくない点などを指摘して、強くとがめる。「その本分を忘れた学生を―・る」
デジタル大辞泉より

この意味のとおり。感情じゃなくて、行為のこと。

しかも、相手があってこその行動・言動に使われるのが、「叱る」。

相手のために叱れる人間になりたい

子供に対しては、基本的には「叱る」べきです。
「これは良くないよ」と教えるわけですよね。

でも、かと言って怒っちゃダメとも思ってないです。

たとえば子供が約束をやぶったとき、
親として「約束をやぶってはダメ」と叱るのと同時に、
同じ人間として「約束をやぶられて腹が立つ」という感情を持ちませんか?

そういうのは、無理に我慢する必要ないと思うんです。
「こういうことをしたら相手を怒らせるんだよ」ということも伝えられるから。

大人同士でも同じ。

叱ると、怒るを意識的に使い分けていきたいです。

怒ってばかりいるのは良くなさそう

「怒る」という言葉には「叱る」という意味もあるのだけれど、

だからこそ、「怒る」という言葉に出会ったときは「どっちの意味かな?」って考えるようにしたい。

世の中、怒っている人が多いなぁ、と思います。
「あなたのためを思って言ってるんだよ」とか言いながら、
プンスカと自分の感情を高ぶらせている人が多い。

クレーマーとか炎上に参加する人の大半は「怒っている」人ですよね。
いや、「自分は怒っている」と自覚しているならまだいいんですが、
「お前のためを思って言っている!」とか言って怒っている人には、
なるべく近づきたくないなぁ、と、思ってしまうのであります。

だって、笑ってる方がわたしも周りも幸せですので。

キープスマイリングよ♡
って、キャンデリラも言ってたし。

烈車戦隊トッキュウジャーVSキョウリュウジャー THE MOVIE コレクターズパック [Blu-ray]
by カエレバ

あ、しまったついリンク貼ってしまった。キョウリュウジャーは名作です。