YOSHIMINATSUMI

HOME

YOSHIMINATSUMI

MENU

44

ビジョンボードって知っていますか?

なんとなく知ってはいたものの、こちらのブログを読んで、「やってみようかしら!」と思いました。
ビジョンボード(宝地図)を作ろう! 作り始めて10年、その効果&大事なポイントをシェアします。-ミニマリストの食事日記


雰囲気の良いブログで、特にこの記事は、わたしを動かすのには十分すぎる魅力がありました。

ビジョンボードとは「宝の地図」

ビジョンボードの例
<「ビジョンボード」で画像検索した結果>

ビジョンボードとは、簡単に言うと「宝の地図」

この画像のように自分が叶えたい夢について、関連する写真などをぺたぺたと貼り付けたボードのことです。

「引き寄せの法則」って知っていますか?
あの、スピリチュアル系の人たちが言ってるやつです。

わたしはスピリチュアル系の人ではないですが、引き寄せの法則は信じています。

「自分の夢を可視化すると叶いやすくなる」っていうのは、不思議でもなんでもないからです。

夢は可視化することで叶う

わたしはWebライターとして働いているので、Webライティング関連のブログ記事やニュース、雑誌の記事など、目に入りやすいです。

子育て中の人なら、教育や子育てというトピックには敏感になりますよね。
ダイエット中の人なら、ダイエットの情報には敏感になります。

夢に関しても、薄ぼんやりと思っているよりも、きちんと可視化しておく方が脳に残りやすくなります。
脳が夢のことを意識するようになると、それに関する情報に敏感になっていくでしょう。

普通に生きているだけなら聞き流していたような情報でも、夢を意識することによってアンテナが張り巡らされるようになり、情報をキャッチしやすくなるのです。

夢ノートの効果は絶大である

わたしはビジョンボードは作っていません。

でも、夢ノートなら、10年間ぐらい続けています。

夢ノートは、ビジョンボードのテキスト版と言っても良いでしょう。

わたしは書くのが好きな人間ですから、自分の夢はつねにノートに書き続けています。

一応、検索すると具体的なやり方は書いてあるかと思いますが、特に気にしなくて大丈夫です。ただ、自分が達成したい目標や夢を書き綴っていくだけ。

わたしは、B6サイズの小さなノートを使っています。これは、仕事のネタ帳や買い物メモなど、オールマイティに使っているノート。

いつも、新しいノートをおろすときには、1ページ目に今の自分の夢を書き連ねています。

これ、おもしろいほど叶うんですよね。最近で言えば、「講師をする」とか「雑誌の仕事をする」、「テレビに出る」みたいな夢が叶っています。

書いた当時は「まだとてもそんなレベルじゃない」と思いながら書いていたのに。

わたしのビジョンボード

わたしは、夢ノートとは別に、ビジョンボード的なものも作っていました。ごく限定的なものですが。

「ダイエット」と「住まい」に関するものです。

ダイエットをするときには、自分が理想とする体型のモデルさんなどを探してきて、その画像をケータイに保存しておきます。

「ダイエット」というフォルダを作り、ちょくちょくその画像を見ながらモチベーションを上げていくんですね。

住まいに関する画像も集めています。いずれマイホームを買う予定なので、そのときのために、「こんなリビングがいい」とか「こんな壁の色すてき!」とか、理想に近い画像をストックしています。

ただいずれも、ケータイやパソコンのフォルダに入っているだけなので、「常に目に入るビジョンボード」とはちょっと違うかもしれません。

夢ノートとビジョンボードの違い

夢ノートはあくまでもテキストなので、言葉・文章として夢を意識することになります。

また、見返すときにもノートを開いて、一つひとつ読み返すことになりますね。

一方ビジョンボードは、画像として夢を意識することになります。言葉として具現化するわけじゃないので、言葉にしづらい抽象的な夢には向いているかも。

ビジョンボードは見えるところに設置するのも定番なので、「夢ノート」よりも目に入りやすいのも特徴的です。

さらに、ビジョンボードは自分が好きなようにデコレーションすることもできるし、文字を書き込むこともできるから、夢ノートよりもより強力なツールにしていくこともできますね。

というわけでビジョンボード作成中。

冒頭で紹介したブログのKeikoさんにならい、現在ビジョンボード作成中です。

まだ画像集めの段階ですが。

ビジョンボードもいろいろやり方がありそうだけど、自己流でいいと思います。Keikoさんが現在されてるやり方だと、シンプルなので長続きしそう。

マネさせていただきます(゚ー゚*)

こういうのってすぐに結果が出るわけでもないし、やってることも全然実践的なことじゃないけど、あなどれないと思っています。

自分がどこに向かおうと思っているのか、方向性をブレさせないためにも、夢ノートやビジョンボードを使って夢を可視化するのは有意義なことだと思いますよ。