YOSHIMINATSUMI

HOME

YOSHIMINATSUMI

MENU

記事を書くスピードは速い方だと思います。

記事書くだけでなく、たいていの仕事は速くできる方なので、時給で働いていると損だなと感じることも多かったな。

と、いきなり嫌味な書き出しになっちまいましたが、

わたしは特にすごいことをしているわけではありません。

実際にわたしが記事を書いているところを見てもらえばわかると思いますが、
キーボードを打つ速度も人並みです。

では、どうしてわたしが仕事が早いと言われるのか?

一つは、タイムトライアルをしているからだと思います。

その他生産性を上げるためにしていることはこちら

ってことで、今日は、わたしが普段どんなタイムトライアルをしているのか、紹介してみようかと。

こんなもん参考になるか分からんけど。 まぁざーっといきましょう。

他にもいろいろあるけど、たとえばこんな感じのことをしています。

洗濯が終わるまでに掃除・片づけ

洗濯は毎日2~3回まわすのですが、1回目の洗濯が終わるまでに掃除・片づけをします。

2~3回目の洗濯のときには仕事にとりかかります。

このときも、洗濯機のブザーが終わるまでに「この記事の画像編集を終わらせる」など決めて、取り組んでいます。

洗濯はだいたい40分間なので、40分間で終わらせられるタスクを設定しています。

料理中に洗濯物を畳む

夕食を作っているときに、同時並行で洗濯物を畳みます。

その日の献立によって使える時間が変わってくるので難しいんですけど。

時間が足りない場合は息子に手伝いを要請することも。全然時間がとれないときは、全部息子に畳んでもらいます。

洗濯物を畳むのって好きなんですけど面倒くさいので、わざわざ時間をとらないようにしたいんですよね。

テレビを見ながらでもいいんですけど、テレビを見ているときはたいてい仕事してますし。

あ、テレビ見ながらするのは単純作業ですよ。

バスの中でリマインダー整理

移動中にはタスクをぎっちぎちに詰めるクセがあります。

一番よくやるのはリマインダー整理。iCloudでタスク管理しているので、まずはリマインダーを開いて、タスクの見直し。漏れているタスクがあれば追加。

リマインダーには仕事のネタやブログのネタも書き溜めています。

移動中にはそのネタを膨らませて、記事の構成案を考えることも多いですね。

構成案はiPhoneのメモ帳に書いて、メールで自分に送っておくようにしています。

iCloudでパソコンと同期してるんですが、メモ帳ってコピペできないんですよね……。これはどうして? Windowsだから?

コピペできないので、メールで送ってます。

カフェで記事構成案○本

カフェが好きで、用事が無くてもすぐに行ってしまいます。

なんていうか、カフェって本当に1人になれるのが好きなんですよね。

家で1人で作業していても、家事が気になっちゃいます。

でもカフェなら、片づけもしなくていいし(笑)、本当に家のこと忘れて、自分のことに没頭できます。

わたしの場合「自分のこと=仕事」みたいな感じなので、結局仕事ばかりしています。

特に、記事の構成案を考えるのはカフェがはかどります。企画案と言った方がいいのかな。

「このコーヒーを飲み終わるまでに〇本終わらせる」と決めてやるようにしています。

時間が余れば読書タイム。読書タイムをとりたいので、より仕事をするスピードは速くなります。

記事を書くときのタイムトライアルはその都度決める

記事の執筆にかかる時間は一律ではありません。

比較的単価の低い仕事だと「1,000文字の記事を50本」みたいなボリュームで依頼が来るので「1,000文字の記事なら15~20分」みたいに決められたんですけど。

今は同じ文字量でも記事によってかかる時間が違います。

だから、記事ごとに「これは30分ぐらいかかりそうだから、27分で仕上げる」みたいにして書いています。

もちろん、早けりゃいいってモンではありません。質が大事です。

わたしの場合は、読み返す時間はタイムトライアルには含めていません。

残念ながらかなり注意力散漫でうっかりな性格なので、じっくり読み返さないとミスがすごいんですよ……。

ていうか、じっくり見返していてもミスに気付けないときとかあります。本当にすみません。

わたしは緻密な仕事には本当に向いていなくて、そこでは勝負できないんです。だからこそ、スピードや内容で勝負したいと考えています。

家事も効率化しないと主婦業と両立できない

わたしは子供もいるし、夫は普通に外で働いてる人なので、家事育児の大半はわたしがやらなければなりません。

だから、仕事自体の効率化と並行して、主婦業の生産性も上げなければやっていけません。

というわけで、今回は家事にまつわるタイムトライアルも紹介してみました。

フリーランスは自由でいいね、みたいな雰囲気ありますけど、ママフリーランスはノマドワークもあまりできないし、ふらっと海外に行ける、みたいなこともないです。

ひたすら、家事やって子供の学校のプリントに目を通して、子供の音読やリコーダーを聞き、そして、その合間で仕事、というスタイルでございます。

これ以上言うとただの愚痴になりそうなので、このへんで。

あ。

結局、生産性を上げるためには、忙しくするのが一番かもしれない。

予定がぎゅうぎゅうに詰まっていれば、それを漏れなくこなすために速く動かざるを得なくなるから。

わたしが効率よく動けるのは、たぶん、忙しく働いているのが好きだからなのかもしれないですね。