YOSHIMINATSUMI

HOME

YOSHIMINATSUMI

MENU

わたしは比較的貧しい家庭で育っており、高卒で働かなければならない状況でした。

大学の学費なんて絶対に払えない。そもそも塾に通うようなゆとりも無い。

でも、わたしは大学に進学しました。

もう10年以上前の話なので参考になるような話ができるか分かりませんが、

「あきらめたらそこで試合終了ですよ」
ということを伝えたいので、ちょっと書いてみます。

大学に行くためにかかるお金は400万円以上

大学の学費は、私立か国公立か、文系か理系か、ということでも変わります。

でも、入学金や学費、テキスト代、生活費などすべて合わせると、400万円以上はかかります。

入学するまでにかかるお金

塾代とか受験費用とか。

塾だけでも年間20万とか30万とか普通にかかりますよね。

受験費用も、たくさん受験するほど数十万単位でかかってくる。

入学金+学費

国公立だと入学金が282,000円、年間の学費が535,800円。

4年間の合計は2,425,200円。

私立だと文系でも400万ぐらい、理系だと、まぁびっくりする金額になります。

生活費など

通学にかかる交通費やテキスト代、それから生活費とかなんやかんや。自宅か下宿かでも大きく変わってくるところですね。

まぁ、うちにこんなお金、一切なかったですね!

学費免除+奨学金で大学に行ける

結論から言うと、わたしは学費免除を勝ち取り、なおかつ奨学金も借りて、大学に進学しました。

大学に行くためにかかるお金を振り返ってみます。

入学するまでにかかるお金

まず、塾とかの類いにはお金をかけていません。分からないことは、昼休みや放課後に先生に聞いていました。

あとは、センター過去問とかを個人的に本屋さんで買っていたぐらい。

と言ってもたくさんは買えないので、多分高校3年間で3万円ぐらいかな? これはバイト代で払ってました。

受験費用は、わたしの場合国公立のみ、前期・中期・後期と申し込みました。

前期で受かったけど。詳しい金額は覚えてないけど、今の金額だとこんな感じみたいです。

・センター試験 18,000円
・国公立検定料 17,000円

全部で71,000円。こんなに高かったっけ? とりあえず、これも自分で払ったような気がする。

入学金+学費

国立大学には、入学金や学費の免除制度があります。

いずれも経済的に厳しい家庭で、なおかつ本人の成績がある程度優秀であることが条件です。

手続きは入学が決まってからになるので、まずは「猶予申請」をして、猶予してもらっているあいだに免除申請をするという流れ。

ひやひやしますね! 無理なら大学には行けないから、3月中に分かるようにしてほしいよ。今は変わってるのかな?

わたしは無事免除になり、学費を払わずに済みました。

生活費など

わたしが進学したのは大阪の大学だったので、一人暮らしになりました。

がんばれば通学できる距離なんですが、往復4時間かけて通学するよりは、その時間アルバイトした方がいいんじゃないってなったから。

でも、わたしは日本学生支援機構の奨学金を使えたので、家賃ぐらいはなんとかなりました。あとの生活費はアルバイトで。

まぁ、18歳の小娘は1か月の生活費がいくらかかるか分からなくて、バイトしすぎて大学に行く時間がなくなったんですけど。

今なら分かる。家賃抜きの生活費なら5万もあれば十分だから、別にスーパーのレジとかで良かった。

キャバクラでバイトするのは得たものも多いし面白かったけど、別にやらなくても良かった。

ちなみに、奨学金の申し込みは高3の夏に申込・審査がありました。

面接もあって、審査に通れば無利子の奨学金が借りられます。もちろん、ある程度の成績は必要です。

ただ、有利子の奨学金なら比較的借りやすいんじゃないでしょうか。

親に相談しなかったから大学に行けた

最後に大事なことを言います。

わたしは、親に相談しなかったから大学に行けたのだと思っています。

もし親に相談していたら、親は「そんなお金は無いからあきらめてもらうしかない」って言っていたかもしれません。

その代わり、高校に入学してすぐから先生に相談していました。

奨学金のこと、夜間大学のこと、学費がいくらかかるか、先生に全部教えてもらいました。

今ならインターネットがあるので、自分でも調べられますね。

親が悪いのではないんですよ。親は、わたしのことを思うからこそ、「お金が無いのに夢を見させるわけにはいかない」って考えるのだろうと思うんです。

※親に相談してないから推測ですけど

受験することも独断、勝手に受験料を払って申込み、すべて事後報告です。

「奨学金の申請するから書類書いてー」
「免除制度とかあるらしいから受けてみるわー」みたいな。

もしダメだったら、そのときは就職すればいいし。ていうか、通信大学っていう手もあるし。

「とりあえずやってみる」が本当に大事で、ダメ元で行動すればいいんですよ。

あきらめたら何も始まらないから!

お金がなくても、大学行けます。

勉強がんばって奨学金や免除制度を使う
しっかり情報収集する
必要以上に親に相談しない

この3点が大事だったかな、と今になって思います。

わたし、本当に、お金が無いってだけでいろいろ諦めるのが嫌。

あきらめないでほしいから、こういう話は今後も書いていきたいです。