YOSHIMINATSUMI

HOME

YOSHIMINATSUMI

MENU

DSC06319

有名人がよく言ってるじゃないですか。

「成功の秘訣は好きなことをやること。
お金は後から付いてくるものですから。」

みたいな!

「ほんまかいな」って思いません? わたしは思ってた。

でも、最近は「お金は後から付いてくるってほんまやなー」って感じるんです。

そこまでお金稼いでるわけじゃないですけどね。

いつのまにかお金を気にしなくなった

昔みたいに「今月は〇万円稼げた」とか、「この仕事は〇円だから断わろうかな」とか、

お金のことを考える時間が減ってるんです。

いや、ほとんど考えてない。

取材で聞かれることも多いから月収の推移は見てますけど、お金に対する執着はなくなってるな、と。

最近のわたしは、本当に好きなことばかりやっています。やりたいことに割く時間がどんどん増えてる。

すると、どんどんお金を追わなくなったんだけど、その方が、収入は増えてるんですよ。

いわゆる

お金は後から付いてくる

ってやつ。

だから、「ほんとに、好きなことを続けてたらお金は後から付いてくるよ」ってみんなに言いたい。

お金が無いと好きなことはできない

しかし、言ったところで「ほんまかいな?」って思われることも分かっています。

わたしだってそうだったんだから。経験してみないとこの感覚は分からないですよね。

そもそも、「儲けようとか考えずに好きなことを続ける」って難しい。

お金が無いと好きなことはできないじゃないですか。

好きなことをするにはまず稼ぐ

「お金は後から付いてくる」って言っている人に対して、わたしは昔こう思っていました。

「そりゃ、実家に住んでて生活費出してもらえるならできるでしょ」
「うちは貧乏だから嫌な仕事でもやらないと生きていけないんだよ!」

本当にそうじゃないですか。

生活かかってるんですもの。

生活費稼がなきゃいけないのに、好きなことをしてるヒマなんて無いんです。

ね? そう思いますよね!

「お金は後から付いてくるよ」と言いたいなら、まずはお金を稼がないとダメなんです。

そこで、わたしが思う「お金は後から付いてくるよ」と言うためのライフハック3つ。

生活コストを下げる

これ、もう何回だって言いますけどね。まず生活コスト下げるのは必須。生活コストが低ければ稼ぐお金も少なくて済むんだから。

この本読んで勉強しましょう。

年収100万円の豊かな節約生活

山崎 寿人 文藝春秋 2011-06-24
売り上げランキング : 106248

by ヨメレバ

生活費を稼ぐ

好きなことをするために、最低限の生活費は稼がなければなりません。生活コストが低ければ仕事漬けにならなくても大丈夫。

わたし1人なら月10万で生きていけます。月10万なら、アルバイトでも余裕で稼げますよね。

子供がいても、共働きなら2人で20万になるし、全然生きていけます。

まぁ、さすがに大学生の子供がいたらちょっと大変でしょうけど。

徐々に好きなことをする

月10万稼ぐぐらいなら、時給1,000円の仕事で月100時間。残りの時間は好きなことに使えます。

今は生活コストが高くて仕事の時間が多い人でも、徐々に生活コストを減らして、仕事の時間も減らしていけば、自由時間は増えますよね。

好きなことができるようになろう

この3年間を振り返ってみても、上記3つの条件を満たしています。

Webライターになった当時の生活費は月12万円程度でした。(7歳の子供と2人暮らし)

生活費を稼ぐためにランサーズを使っていたけど、徐々に好きな仕事にシフトチェンジしていきました。

わたし自身は「お金は後から付いてくる」とか信じてなかったので、はじめのうちはただただ生活費を稼ぐため、少しでもゆとりのある生活をするため、という目的で働いていましたが。

ただ、はじめの1年間は「いかに文字単価を上げるか」ということを考えていたのに、2年目ぐらいからは全然考えてなかったんですよね。

それよりも、面白いかどうかで判断することが増えていきました。

気付けばWebライター歴も4年目に突入し、好きな仕事ばかりしている。

人生は1回きりということなので、せっかくなら好きなことばかりしたい。

数年前のわたしみたいに「そんなの無理!」と思わずに、試してみてほしいなと思います。

いきなり仕事を辞めて好きなことをするのは無理でも、ちょっとずつなら誰でもできるはずなんだから。