YOSHIMINATSUMI

HOME

YOSHIMINATSUMI

MENU

もう大人なんで、いろんなことができるようになりました。

今月、32歳になります。誰か、嘘だと言って。

好奇心が旺盛で成長大好き意識高い系な性格なので、できることが増えると本当にうれしいです。

ただ、できることが多いって、それはそれで不便だな、と思っています。

できることが多いとそれだけいろんな人の役に立てるけど、時間は有限。物理的にも、わたしは1人しかいない。

できることをすべてやろうと思うと、到底時間が足りないんです。

ここ数年間は、できることが増えていくのと同時に、「できるけどやらない」という選択も数多くしてきました。

お仕事を断わることも多いし、プライベートでも「できるけどやらない」と判断することは多々あります。

でも、まだ足りない。

もっと「やらない」を増やさないと、パンクしてしまう。

「わたしにはこれしか無い」と言っている人がうらやましくなってしまう。

多分、器用貧乏なんだろうと思います。

そして、人に嫌われるのが怖い八方美人なのかな。

嫌われたところであまり気にしないんですけど、わざわざ嫌われると分かっていることはしたくないっていうか。

せっかくなら好かれる方がいいっていうか。

うん、お人よしなんだな。

やりたいことも無限に湧いてくるし、できることも増えていく。

やりたくないし、できない⇒やらなくていいこと
やりたくないけど、できる⇒もしくは「やりたくないけどしなければいけないこと」(住民税の支払いとか!)
やりたいけど、できない⇒できるようになりたい
やりたいし、できる⇒もうこれ以上やりたくない

今、こんな感じ。

本当は「やりたいし、できる」だけを突き詰めていけばもう少し楽なのではないかと思うのだけれど、

「できないけどやりたいんだから、できるようになりたい!」と思う気持ちが無視できないのです。

その結果、頻繁に興味の対象が変わってしまう飽き性なところもあって、どうしたものかと頭を悩ませています。

ってことで、とりあえず、「できるけど、わたしじゃなくても大丈夫なこと」からは、手を引いていこうと試行錯誤中です。

外注できることは外注する。決めた。

わたしみたいな「成長するのが大好きです」っていう人は、どうしているのかしら。やっぱり、やること・できることを整理して、取捨選択していくのかしら。

何もかもはできないよ。何もかも自分でやってるよって人いたら、連絡ください。そして、いくらか払うので、そのやり方を教えてください。