YOSHIMINATSUMI

HOME

YOSHIMINATSUMI

MENU

49

携帯電話に「パケホーダイ」のプランができてから、わたしは何でも検索するようになった。

検索の仕方にもコツがあって、わたしは検索が上手な方だと思う。

だから、ネットで調べた情報だけで書ける記事を依頼されたら、書くのは相当早い。

でもそんなことはどうでもいいこと。

わたしは、検索しても答えが出てこない問題を愛したい。

なんでも検索するようになったわたしは、検索して答えが見つからないときに、しばしば苛立っていた。

「なんで載ってないの」

でも、検索しても答えが出てこない問題の中には、自己肯定感を強烈に強化してくれるものもある。

大半の人が必要としていない知識を、自分が必要としている。

そのことが、自身につながるときがある。

以前、テレビ番組に出演したときに、ギャラが振り込まれないことがあった。

でも、テレビ局が出演者の報酬を振り込むのにどれぐらいかかるかなんて、わたしは知らない。

どこかに載っているかと思って検索したけれど、分からなかった。

以前のわたしなら、「なんで載ってないの」と怒っていたのだろう。

今のわたしは、そんなことで怒らない。

「テレビに出演することは一般的なことじゃない。人とは違うこと、わたしはしたんだ」

そう考えると、なんだか自分の自信ポイントが増えるのだ。

オンラインサロンを立ち上げるときにも、わたしは少し困った。

オンラインサロンをどうやって作ればいいのか、指南してくれるサイトは無かったからだ。

世の中に自分でオンラインサロンを運営しようという人はかなり少ない。

それに、有名人のサロンなら事務的なことはスタッフがやるだろうし、困ることも無い。

こんな、「検索しても答えが出てこない問題」は、わたしをしばしば困らせる代わりに、自信をくれる。

人と違うことをするのが怖い人間と、うれしい人間がいる。わたしは後者だ。

検索しても答えが見つからなかったとき、わたしは人と違うことを喜んでいる。

(´-`).。oO(慣れない文体で書くと別人になれる感じがしました。)