YOSHIMINATSUMI

HOME

YOSHIMINATSUMI

MENU

CIMG1919

webライターは、フリーランスなら在宅で働けるというのがメリットです。
(会社に属しているwebライターももちろんいますよ)

在宅でwebライターになるなら、まずは仕事ができる環境を準備しましょう。

というわけで、在宅webライターになるために必要になるものをまとめておきますね。

ネット環境

インターネットにつながる環境が無いと、在宅で仕事を請けることはできません。

自宅にネット環境が無い方は、NTT『フレッツ光』などを利用しましょう。

また、一人暮らしの方ならWiMAXを使うのもおすすめです。

WiMAXがあればスマホもWiFiでつなげるようになるので、スマホ側のプランを見直しして安くできますよ。

※WiMAXは場所によってはつながりにくいことがあります。自宅が問題なく使えるか上記リンクから確認してから申し込んでくださいね。

パソコン

スマホでも実は稼げないことはありません。でも、ガチの記事作成はやっぱり厳しいですから、パソコンは準備しましょう。

スマホでできるのは、アンケートへの回答や簡単な体験談作成など単価の安い仕事だけです。

今パソコンが無いという人は、まずはスマホでぽちぽち稼いでみて、それを元手にパソコンを買うのもアリです。

パソコンを買ったことが無いという人は、ヨドバシカメラなどの家電量販店に行き、店員さんに相談しながら買うのがおすすめです。

ちなみに、わたしがメインで使っているパソコンは2011年のdynabook(東芝)で、ノートパソコンです。

家の中でも個室やらリビングやら移動するので、デスクトップよりノートパソコンの方が便利なんですよね。

はじめはハイスペックのものは必要ありませんので、安いもので大丈夫ですよ。下記も参考にしてください。

ワード、エクセル、(パワーポイント)

ワード(Word)、エクセル(Excel)はwebライターも使います。

Mcrosoft Officeのソフトです。パワーポイントはスライド作成に使うものなのでなくてもいいです。

ワードやエクセルは、あらかじめパソコンに入った状態で売られているものもありますし、後から購入して入れることもできます。

が、よく分からない人はとりあえず、Mcrosoft Office搭載のパソコンを買いましょうね。安すぎるパソコンにはMicrosoft Officeが入っていないことが多いので気を付けてください。

メールアドレス

インターネットを使って仕事をするには、メールアドレスが必要です。

クライアントとのやりとりだけでなく、各種インターネットサービスに登録するときにも必要になります。

携帯メールのアドレス(docomoとかsoftbankとかauとか)ではなく、パソコンのメールアドレスを持っておきましょう。

わたしはGoogle(グーグル)のGメールを使っていますよ。

クラウドソーシングのアカウント

わたしはランサーズに登録したことで、webライターになれました。

ランサーズの他にもたくさんのクラウドソーシングサービスがありますが、いずれも、お仕事のマッチングサイトです。

未経験でもスキルがなくてもできる仕事もあるので、はじめは簡単なものからスタートして、徐々にスキルアップしていきましょう。

ランサーズの他に、クラウドワークスも有名です。

他にもたくさんありますが、一度にたくさん登録しても使いこなすまでに時間がかかります。1つずつ慣れていった方がいいですよ。

スケジュール帳

在宅webライターはフリーランスになりますから、自分の仕事は自分で管理しなければなりません。

わたしは、今はiPhoneに付いている標準カレンダーを使っています。

iPhoneから簡単に操作できるだけでなく、パソコン上でも操作できるので便利です。

有名なのはGoogleカレンダーですね。

Googleカレンダーも、スマホのアプリがあります。スマホでもパソコンでも使えますよ。

紙のスケジュール帳に比べると書き込める量も多いですし、ライターならパソコンに向かっている時間が長いため、パソコンからささっとスケジュール管理できる方が楽です。

デジカメ

お仕事によっては、記事に付ける画像が必要な場合があります。

自分で撮影した画像を付ける際にはスマホのカメラでも十分きれいな写真が撮れますが、ちゃんとしたカメラを持っておく方がよりきれいな写真が撮れるようになりますよ。

わたしが今使っているのはこちら。

SONY デジタルカメラ Cyber-shot RX100 II 光学3.6倍 DSC-RX100M2
by カエレバ

参考⇒仕事用のカメラで悩んでたら7万円のカメラがタダで手に入った話。

中古のカメラなら数千円で手に入りますよ。

大容量のオンラインストレージ

オンラインストレージとは、記事のファイルや画像など、データをオンライン上で保存する場所のことです。

スマホの容量がいっぱいになって困ったことはありませんか?

webライターをしていると、パソコンの容量もたくさん使ってしまいます。

オンラインストレージなら大量のデータを保存しておけるので、あった方がいいですね。

有名なのはDropbox(ドロップボックス)Google Drive(グーグルドライブ)。いずれも無料で使えます。

ただ、webライターとして軌道に乗ってくると無料版では容量が足りなくなるでしょう。

わたしはDropboxの有料版使っていますよ。容量は1TB(テラバイト)で、月額1,200円です。

オンラインストレージは、クライアントとのデータ共有にも使えます。

ファイルやフォルダを「共有する」という設定にすると、そのデータは自分からもクライアントからも見られるようになります。

モバイルバッテリー

ノマドワークと呼ばれる、「自宅の外で働く」という方法もあります。

気分転換のためにコワーキングスペースに行ったり、移動中にカフェに寄って仕事をする、なんていうスタイルです。

このとき、電源のあるカフェがあればいいのですが、無ければモバイルバッテリーがあると便利です。

地方だと電源が使えるお店なんてまだまだ少ないので、重宝するはずですよ。

わたしが使っているのはこれ。パソコンもスマホもこれで充電できます。

サンワダイレクト モバイルバッテリー 大容量 12000mAh 2ポート出力 ノートPC iPad iPhone タブレット スマホ 対応 700-BTL012BK
by カエレバ

WiFiスポット契約

同じくノマドワークのときに必要となるものです。

最近は無料で使えるWiFiスポットも増えてきていますが、地方だとまだ足りていないんですよね。

スマホでWiFiスポットが使えればテザリング(インターネット共有)でパソコンにつなぐこともできますが、不便な場合は別途契約してもいいでしょう。

わたしはフレッツのWiFiスポット契約(ポイント利用で無料)をしています。

有料のWiFiスポットすらない、という場合は、上記で紹介したモバイルルーター「WiMAX」を使う方がいいですね。

小さいパソコン

ノマドワークするときには、小さいノートパソコンがあると便利です。

11インチ~13インチぐらいのものがいいでしょう。

外で打ち合わせしたりノマドワークしたり、といったことが増えてきたら、購入を考えてもいいでしょう。

ボイスレコーダー

スキルが上がってきて、インタビュー記事を書かせてもらえるようになったら検討してください。

ボイスレコーダーは5,000円程度である程度ちゃんとしたものが買えるようですよ。

ただ、最近はスマホに入っているボイスレコーダーアプリも優秀なので、なくてもいいような気もしています。わたしも持っていません。

各種連絡手段

在宅webライターがクライアントと連絡をとる手段は、実はメールではありません。

と言ってしまうと語弊がありますが、メールってあまり使わないんです。

その代わり、使っているのは
チャットワーク
Skype(スカイプ)
Facebookのメッセージ(Messenger)
TwitterのDM(ダイレクトメッセージ)
など。

上記4つはアカウントを持っておいた方がいいかと思います。使い方は徐々に慣れていきますよ。

画像加工ソフト

記事につける画像を用意する際には、加工が必要な場合もあります。

たとえば、モザイクをかける、明るくする、大きさを変える、など。

わたしが使っているのはこんな感じですね。
・Windowsのペイント
リサイズ超簡単!Pro
Fotor

いずれも無料です。

**********

と、いろいろ紹介しましたが、まずは以下の4つを準備すれば大丈夫です。

・パソコン
・インターネット環境
・メールアドレス
・クラウドソーシングのアカウント

あとは追々足していけばいいので、まずはこの4つを用意して、webライターの世界に飛び込んでみましょう(゚ー゚*)