YOSHIMINATSUMI

HOME

YOSHIMINATSUMI

MENU

42

どうも、1歳年をとりました吉見です。

TwitterやらFBやらでメッセージありがとうございました!

プレゼントはまだまだ受付中です(゚ー゚*)
吉見夏見の欲しいものリスト

さてさて、誕生日という大きな節目なので、ちょっと考えていることを。

わたし、Webライターとして生きていく! とか、そんなこと全然思ってないんですよ。

そもそも「Webライターになりたい!」とも思ってなかったし。

文章を書くのは好きだし、それがちょっとした収入になればいいな、ぐらいには思ってましたけど、別にWebライターという職種にこだわりはありません。

ただ「文章を書くことでお金を稼ぎたい」という考えなら、Webライターである必要はなくて、

出版社や編プロで働くという手段もあるだろうし、
作家を目指すという方法もあるだろうし。

あと、自分が働いている会社とかお店のブログ更新を担当するとかいう手もあると思います。

ただわたしは、「文章書いて生きていきたい」とも思っていないわけですよ。

書くのは好きだけど、断然「話す」方が好きですし。

じゃあ話すことを仕事にしたいかって言われると、別にそうでもない。

そうなんです。

わたし「これを仕事にしたい」みたいな思いが全然無いんです。

最近は特に、「Webライターとしてそれだけ稼ぐってすごいですね」とか「何を目指してるんですか?」とか言われることが増えてきたんですけど。

わたしは特に何も目指しちゃいない。

唯一考えているのは、こんなことです。

自分がやりたいと思うことで、人の役に立てることならなんでもいい。

極端な話、仕事である必要だってないんですよ。

自給自足して暮らしながらタダで人助けをする、みたいなことでもいいです。

もちろん、お金はあればあるほどできることは増えるから、まだまだ稼ぎたいですけど。

人を雇ったりとかね。そういうのもできるよね。

とにかく、わたしはWebライターという職種にはこだわりが無い。「自分がやりたいこと」と「人の役に立てること」という2つの条件を満たすものであればなんでもいいんです。

もちろん、やるからにはトップレベルを目指すし誠心誠意その仕事に向きあうのだけれど。

それは当たり前の話ですし。

雑誌やテレビに出て見たり、人にWebライティングを教えたりしてるわけですけど、「何になりたいんですか?」と聞かれても困る。。。

スーパーサイヤ人3と言われてもうれしいし、

そろそろクリリンに死んでもらわないとまずいたった2つの理由

今日なんて、ヘリコプターになっちゃったんだぜ。

『しあわせになれる「はたらきかた」』に見る、一つ上のステージへ連れて行ってくれる人の存在

こうしていろんなモノになれるのもうれしいですね。

でも、わたし自身は、特に何かになりたいとか特定の何かを目指しているわけじゃないんですよ。

あと強いて言えば、あと300年ぐらい生きたいと思っていますよ。

これ読んだらそう思うから。おすすめ。

未来に先回りする思考法
by カエレバ