YOSHIMINATSUMI

HOME

YOSHIMINATSUMI

MENU

3a676cd73bd376ae06461e336d7cd4ed_s

やりたいことに向かって走り出したいのだけれど、足元に細かい蔦が絡みついて動けない。

やりたいことの前に、やらなきゃいけないことが立ちはだかる。

それで、嫌になって、夕方に家を飛び出した。

息子には「コンビニに買い物に行く」と言って。

ちょうど夫ももうすぐ帰宅する時間だったので、このままどこかに行こうかとも思った。

どこに行くかは分からないけれど、とりあえず全部投げ出して、逃げようと。

コンビニへの道すがら、ぐちゃぐちゃと考える。

何も解決しないまま、とりあえず牛乳を買う。

コンビニ前のベンチに座ってみる。

頭の中をぐちゃぐちゃやって分かったことは、逃げてもどうにもならないということ。

いつも通り、やりたいこととやるべきことを書き出して整理して、1つ1つ片づけていくしかないのだ、と。

牛乳を買ってしまった以上、何時間もうろつくわけにもいかないし、諦めて自宅へと歩き出す。

家に着いたら夫も帰宅していて、いつもの家だった。

わたしが嫌になったのはあくまでも自分の散らかった頭に対してであって、家に対してではなかった。

家族の顔を見てホッとして、とりあえずガサガサと目障りな未処理の書類を片づけていく。

散らかったメールボックスを整理して、転記漏れの予定をカレンダーに移していく。

まだ全然頭はすっきりしていないけれど、やっぱり逃げることはできない。

1つ1つやっていくしかない。

7月に入ったら、1日ぐらい全部を投げ出す日を作ろう。

そんで、やらなきゃいけないけどやりたくないことを、なるべく減らせるように対策しよう。

やりたいことが多いのは幸せなことだと思っていたけれど、

時間は有限で、ちゃんと整理して、ときには思い切って何かを捨てなきゃいけなくなる。

幸せは、苦痛とセットでやってくる。

この負荷をしっかり受け止めなくちゃ。

乾かない洗濯物のせいで憂鬱がひどいけれど、7月はわくわくする予定がいっぱい入ってる。

負荷のかかった頭を、今日はしっかり休めよう。