YOSHIMINATSUMI

HOME

YOSHIMINATSUMI

MENU


高齢者を対象に悪質な契約を結ばせ、うんちゃらかんちゃら……

という話はあちこちで聞くわけですが、わたしにとってはほとんど他人事でした。

わたしの親はまだ若く、最新のiPhoneを使いこなしているし、わたしが心配するのはむしろ失礼、ぐらいな気がしていたからです。

でも、今は他人事とは思っていません。

先日、親のネット契約について相談を受けたから。

結論を先に言っておきますが、うちの親は別に月額15,000円のネット契約を結ばされていたわけでも、20万円もの解約金を請求されたわけではありません。

参考:PCデポ 高額解除料問題 大炎上の経緯とその背景

ごくごく一般的な契約内容でした。

ただそれでも、「どうしてもっと早くに聞いておかなかったんだろう」とわたしは後悔することになったのです。

親は月額15,000円程度の契約をしていた

わたしの親は母親だけなので1人分です。

自宅の光回線と、個人のスマホ。

これらの合計で、月額15,000円ぐらいということでした。

極端に高いというわけではありません。

わたしのように格安SIMを使っている方やWiMAXなどのモバイルルーターを使っている方だと「高い!」と思われるでしょうが。

わたしも、正直
「マネーライターとしてさんざん通信費の記事も書いてきたのに、身内にはまったく伝わってない……」
と思いました。

お母さんが払っている通信費を安くしたい!

せっかくわたしが通信費を安くする方法を知っているのに、母にこれ以上高額な通信費を払わせるのは嫌でした。

たしかに法外な金額ではありませんが、通信費はもっと安くして、どうせならもっとほかのことにお金を使ってもらいたい。

うちの母、まだ50代半ばで、スマホもパソコンも使いこなします。仕事もしています。

とは言え母の収入は多いとは言えないですし、生活コストを下げて、趣味や美味しいものにおカネを使ってほしい。

わたしも妹も自立しているし、もっと楽しく暮らしてほしい。

人生の充実度はお金だけが基準じゃないけど、月に3千円でも5千円でも抑えれば、楽しいことにお金が使えるじゃないですか。

親の契約を見て気づいた問題

先日、ちょうど母が引越しをするときに、ネット契約について聞く機会がありました。

わたしが気になったのは以下の点です。

光回線は本当に必要?

母は1人暮らしです。そして、仕事もしているのでずーっと家にいるわけでもありません。

パソコンを使うと言ってもそんなに頻繁に使うわけではなく、主にスマホ。

光回線いるかな?

そこで母の利用状況を詳しくヒアリングしてみると、思った以上に使っていました。

普通にインターネット見るとかLINEやメールをするぐらいなら、光回線は解約して、パソコンはテザリング(スマホのインターネット共有機能)でいいと思います。

ただ、母の場合はネットで動画を見ることもあるとのことで、7GBとかの契約では足りません。

また、動画視聴が困難になるほど速度が遅いというのも困ります。

そこで、光回線も選択肢として残しつつ、モバイルルーターも併せて検討することにしました。

機種代が高い……

スマホ代の内訳を見たところ、毎月分割で払っている機種代が、3,000円弱になっていました。

大手キャリアで契約しているので、割引後。実質3,000円弱ということです。

いやいや、高くない? とわたしは思ってしまったのですが、どうでしょう?

たとえ機種代が高くても、基本料金とかほかのところが安いなら別にいいんですよ。でも、そこは大手キャリアなので、高いですよね。

料金が高い分、最新機種でも格安で使えるというのが大手キャリアの魅力でもあるのですが、母の場合は

  • 料金はもちろん高いし
  • 機種代も高い

みたいなことになっていました。

母が使っているのはiPhone6SPlusです。発売後すぐに購入しています。

うん、そりゃ高いよな……しかも128GBやし。
※16GB・64GB・128GBから選べますが、当然容量が多いほど高いです。

でも、これは今からはどうしようもないので、手は付けられません。あと1年払うしかないですね。

格安SIMやモバイルルーターへの移行は断念

いくらスマホやパソコンを使いこなす母でも、このあたりの話は苦手です。

わたしが「カクヤスシムガー」とか言っても簡単には伝わらないです。

そりゃそうです。同世代の友達でも分からん子は全く分かっていません。

また母も、最近体調を崩しやすかったり、引越しで忙しかったりするので、一気にあれこれ説明するのはわたしも気が進みませんでした。

というわけで、今回はとりあえず、大手キャリアを使いつつ、少しでも通信費を下げるという方向で進めることにしました。

どういう内容に切り替えたかを言うとキャリアも特定できてしまいそうなので詳細は伏せますが、数千円の節約になりました。

(´-`).。oO(ごめんなさい、金額忘れちゃった。また確認しておきます)

親が高いネット契約をする理由

うちの親はまだ若い方ですが、もっと高齢の親御さんがいる方も多いと思います。

親がどんな契約をしているのか、把握していますか?

わたしが今回確認してみて、さらに分かったことがあります。それは、親が高額なネット契約をしてしまう理由です。

年配の人ほど相場を知らない

わたしの親は、昔からケータイを持っていた世代の人です。

昔はケータイって高かったんですよね。

だから、月額1万とか2万とかになっていたとしても、

これだけの機能が付いているなら、これぐらいの金額は仕方ないだろう

と思ってしまうようです。

昔と比較するから、金額に違和感がないんですね。

若い子が頑張っていると買ってしまう

もう1つ、こんな理由もありそうです。

家電量販店や携帯ショップに行くと、親世代よりはるかに若い子たちが、がんばって売り込んできますよね。

その熱心な様子を見ると、「それだけ言うなら契約してあげようか」という気持ちにもなってくるようです。

うちの親も、なんとなく「もっといい方法があるのでは」ということは分かっているんです。

でも、それを調べるのは大変だし、
詳しそうな長女は仕事ばかりして忙しそうだし、

この親切な若い子の言うとおりに契約しても問題はないだろう。

みたいな感じになる。

ちなみにその長女とはわたしのことですね。

本当、反省しました。

わたしがこまめに連絡していれば、もっと早くにネット契約の見直しができたはず。

とりあえず、また機会を改めて、ネット契約を大々的に見直したいと思っています。

子供が全部やってあげるという方法もあるよ

通信費をもっと安くする方法を説明するのは断念した、と言いました。

が、よく考えてみれば、仕組みを理解してもらう必要なんてなかったんですよね。

「わたしに任せて!」と言って、わたしがすべて選んで契約し、設定までして渡せばよかったのです。

一瞬やろうかとも思ったのですが、なんとなく親を年寄り扱いしている気がして、遠慮してしまいました。

その判断は失敗だったかも。

遠慮せず、わたしは自分の得意分野なんだからさっさとやってあげれば良かったんだな。

今はまだ見直したばかりなので(例によって年数の縛りもあるので)、ちょっと様子を見ます。

もうちょっと母に詳しくヒアリングして、今度こそ徹底的に通信費を抑えられるようにしたいです。