YOSHIMINATSUMI

HOME

YOSHIMINATSUMI

MENU

25
今は、正社員として働いていても、一生安泰ではありません。

リストラに遭ったり会社がつぶれたりするかもしれないし。

定年まで勤めあげても、年金が十分にもらえるとは限らない。

失業率が何%だとか、貧困率がどうだとか。

そんな話ばかり聞いていると、不安になりませんか?

でも大丈夫です、わたしは一生仕事に困ることはありません。

仕事なんて腐るほどあるから大丈夫

まず、仕事ってたくさんあるんですよ、選り好みしなければ。

理想はやりがいがあって休みもとれて……っていろいろあるでしょうが、

とりあえず生きていけるレベルの収入を得るのに困ることはありません。

たとえば時給800円のアルバイトでも、フルタイムや掛け持ちで月200時間働けば手取り13~14万円にはなりますよね?

月13~14万円あれば人間1人生きていけるし、成人の家族がいればなおさら生きていける。共働きなら月収26万円以上になりますもの。

アルバイトも含めるといろんな仕事をしてきていますし、経験のある業界なら給料の相場や働き方もイメージできるし、「困ったら保険会社の営業をやるのもいいな」とか思えます。

セーフティネットも使える

わたしは今のところ、普通に働けるぐらいには健康です。

コミュニケーション能力や事務スキルなど最低限はあると思っているので、どんな仕事でもそれなりに稼げるでしょう。

でも、働けなくてなっても大丈夫。

セーフティネットと言えば生活保護が定番ですが、それ以外にもいろいろありますしね。

貸付制度もあるし、調べればその人の状況に応じて補助金が使えることもあります。

わたしはコミュニケーション能力や交渉力はあるほうなので、生活保護の窓口で追い返されることも無いと思います。(知識も多少あるし)

頼れる人も周りにいるかも

公的なセーフティネットを使わなくても、周りの人が助けてくれるかもしれません。

だって、わたしは自分の大事な人が生活に困ってたら助けますよ。自分ができる範囲で。

数年前、友達が体を壊したときには本気で養うつもりでした。しかも、手取り20万とかで生活してたときに。

その友達と一緒に住むことになったら子供の面倒は見てもらって、わたしが夜まで働けばいいって思ってましたね。

結局その友達は無事に回復して今もバリバリ働いていますが。

わたしのように考えている人って、ほかにもいると思うんですよね。多くはないかもしれないけど。

あ、もちろん親族に頼るというのが一番ですが、親族には頼れないという人でも、周りに助けてくれる人はいるかもしれませんよ。

この前「フリーランスだからこそ、付き合う人は選びたい。」っていう記事を書いたのだけど、

わたしが本当に尊敬している人が、今後万が一お仕事がなくなったりすれば、わたしが仕事を出せるようになりたいとも思っています。

もちろん、何事もないのが一番ですし、何事もなければ、今度はわたしがもっとほかの人に仕事を振れるようになっていきたいと考えています。

大丈夫だって気づいてますか?

昔は、仕事がなくなるのがすごく怖かったです。

たぶん、ブラック企業にしがみついている人もそうなんだろうなって思います。

でも、大丈夫なんですよ。仕事なんて腐るほどあるし、体を壊して働けなくなったとしても、日本にはいろんなセーフティネットが制度としてはある。

本当に困ったら助けてくれる人も(たぶん)いる。それなりに誠実に生きてるし。

わたしも25歳ぐらいのとき(まだ会社員でしたが)、「もしかして、食うに困るほど困窮することってないんじゃない?」って気づきました。

なんか、テレビとかで「仕事がなくて困窮している人」を見ることってあるじゃないですか。ああいうの見ると本当怖かったんですが、

たぶん、わたしは大丈夫なんです。

「あ、大丈夫だ」って気づいてからは、すごく楽になりました。

まだ気づいていない人も多いけど、早く気付いたほうがいいよ。

気づけたら、本当に楽になるよ。

大丈夫じゃない人がいるのもたしか

話をひっくり返しますが、世の中には大丈夫じゃない人もいます。

事実、本当に困窮している人はいるのです。生活苦を理由に死ぬ人が、この日本でもまだいるんです。

たとえば、本人もあまりスキルや能力が高くなく、なおかつ家族の介護があるとか家族に荒くれ者がいるとか大変で、精神的にも追い詰められていて……

と、まともに働けない人もいます。

生活保護を頼ろうにも、うまく話せないために「水際作戦」で断られる人もいます。

でも、そういう人でもちゃんと生きていけるというのが、成熟した国家の在り方なのではないかと。

サポートの仕方はいろいろあると思いますし、わたしも何らかの形でいろいろと関わっておきたいと思っています。

で、ここからが肝心で、生活に困ることがなさそうな部類の人たちは、しっかり自立したほうがいいんです。

しっかり自立していれば、その人は自分の生活(人生)を楽しめます。

もし、本来自立できる人までぐだぐだになっていると、本当に困っている人が受けるべきセーフティネットが行き届かなくなるんじゃないかって、わたしはそれが不安です。

さらに、自立できる人は、困難を抱えている人を助けることもできます。その人なりのやり方で、その人ができる範囲で、何かサポートができるかなって。

ちゃんと能力があるのに「仕事がなくなったら怖い」とか言って不安がってたらもったいない。

稼げる能力(仕事ができなくても自分で助けを求められる能力)を持っている人は、そのことを自覚したほうがいいと思う。

人に強制するようなことではないけれど、わたし自身はこんなことを考えています。