YOSHIMINATSUMI

HOME

YOSHIMINATSUMI

MENU

2016-11-12-14-01-10

最近、「おぉ、分かってるね~!」と思ったことがあります。

これです。

2016-11-23-01-06-56-2

ミノンのサンプル!

これね、売ってるんです。3包入りでいくらだったかしら。300円ぐらいかな?

画像のは全身シャンプーなんですけど、通常のシャンプー・コンディショナーのサンプルもあります。こっちは1セットで売っていて100円。

サンプルってタダでもらえるものです。だから、「100円なんて高い!」という人もいると思う。

でも、わたしはずっと、「サンプルを売ってくれ!」って思ってました。

わたしは肌が弱いので、普通の人よりもサンプルを必要としているはずです。

試したい商品があるときはドラッグストアのレジでサンプルをもらいますが、それ以外ではもらいにくいですよね。

たとえば出張のとき。ホテルの備え付けのシャンプーなんて怖くて使えないので、普段使っているシャンプーを持っていきます。でも、毎回小さなボトルに詰め替えるなんて面倒くさい。

あと、「サンプル1個試したぐらいじゃ何もわからんわ!」ということも。

数日間続けて使ってみないと、本当に肌に合っているかどうかが分からないこともあります。でも、無料のサンプルを何個ももらうのは気が引ける。

「買うから売ってくれよ!」って思ってました。

一番思うのが、ファンデなんですよね。わたしは毎日メイクをするとすぐ肌が大荒れしてしまうので、普段はノーメイクです。すると、ファンデーションが全然減らないんです!!

だから、もったいないけどまだまだたくさんある状態でも捨ててしまわなければなりません。サンプルぐらいの少量サイズならちゃんと使い切れるから、頼むから売ってくれ!

でも、売ってないですよね~。

売ってたら買うのに。

これって、化粧品に限らずなんでもあると思うんです。

たとえば「ペットボトルの水」だってそうですよね。蛇口ひねれば水は出るのに、わざわざ飲料用の水を売るっていう。しかもめっちゃ割高で。

でも、買いますよね。

わたしたちの仕事でもたぶん同じ。

わたしはwebライターだけれど、記事以外にも売れるものはあります。

ノウハウはまさに、売れるものです。わたしの場合はほかにも、「吉見に添削をしてもらう権利」だって、「吉見に相談に乗ってもらう権利」だって売っています。

なんか金儲けばかり考えているみたいな感じになって恥ずかしいですが、売れるモノを探すというのは、
「売ってほしいと思っている人を探す」
と同義です。

どこかに「こんな商品・サービスがあればいいのに」って思っている人がいるなら、それを届けられた方がいい。お互いにハッピー。

ミノンがサンプルを売ってくれたことにより、シャンプーをミノンに乗り換えました。(全身シャンプーはいまいちだったので普通のシャンプーとコンディショナーです)

無料で流通しているものでも売れることはあります。

どこに価値を感じるかは人それぞれだけど、まずは自分自身が「これを売ってたら買うのに!」と思っているモノについて深掘りしていくとよさそう。

そして、その発想が自分の仕事にも活かせないかを考えるのも、なかなか楽しいものなのでおすすめですよ。