YOSHIMINATSUMI

HOME

YOSHIMINATSUMI

MENU

クラウドソーシングなんて無い時代、フリーランスはどのように仕事を受注していたのでしょうか?

自分で営業をかけたり、もしくは人脈を広げて紹介してもらったり、そうやって仕事を獲っていたのですよね。

これは今も変わらない。

今だって、自分が書きたいメディアに売り込みをかけて仕事をもらう人はいるし、人からの紹介で仕事が入ってくることもある。

わたしの場合はいわゆる「営業活動」をしたことがありません。そういうポリシーがあるとかではなくて、ただ単に「営業しなくても仕事が途切れないから」ってだけです。

でも、人脈でまわってくる仕事はたくさんあります。

人脈があれば仕事はまわってくる

Webライターに限らず、フリーランスの場合は紹介で仕事をもらうことも珍しくない、というかほとんど紹介とかすでに知っている人からの依頼なのではないでしょうか。

一度取引をしたクライアントから「次からもお願いできますか?」と継続案件をもらう。

交流会などで出会った人から「ライター探してる人がいるんですけど、紹介してもいいですか?」と依頼をもらう。

ちょっと話それるけど、わたしがたまに「ライター同士でばかり絡んでないでほかの職種の人とも付き合った方がいい」と言うのはこういう理由もあります。

たとえばWebデザイナーさんやエンジニアの方からライティング案件が来たりするわけで。

ライター同士だと、後輩に仕事を振ることはできるかもしれないけどあんまり無いですよね。わたしも振ったことないし。
(仕事振って中抜きする人はよく見るけど)

そうやって、人脈があれば仕事に困ることってなかなか無いと思うんですよね。

だから、わたしはあんまり仕事がなくなることへの不安感がありません。

フリーランスは不安定だから……と不安になってしまうのは、相当な心配性か、もしくはまだ十分な人脈が築けていないからなのかな?と思うわけであります

まだ人脈が無い人はクラウドソーシングを使え

クラウドソーシングは、本当に便利なサービスです。

だって、人脈がなくても、営業活動をしなくても仕事がもらえるんだもの。

でもこれ、なにげにすごい価値だと思うんですよね。

従来のフリーランスだと、未経験でいきなりWebライターになるなんてほとんどできなかったんだから。

営業活動しようにも見せられる実績が無いと仕事がもらえるとは思えないし、
人脈を作るにしても、何の実績も無い人に仕事をくれる人はいない。

交流会的なところに行って名刺交換したところで、難しいですよね。

わたしも、まったくライター経験が無いところからいきなりWebライターになって、そんで今こうしてエラそうなことを書けているのは、クラウドソーシングの1つであるランサーズに出会ったから。

クラウドソーシングで得られるのは実績と人脈

わたしがランサーズに登録したのは2012年の9月。

登録当初は本当に簡単に書けるような体験談しか書いてなくて、もちろん人脈はゼロ。

でも続けているうちに徐々に実績が貯まってきて、体験談以外のライティング案件もとれるように。

そしてその中からリピーターになってくださる方が増えてきて、人脈も広がって。

はじめは「実績」も微々たるものだし、「人脈」だってほんの少しだけ。

でもそれが少しずつ、本当に少しずつ増えていって、気づいたら今の状態になっていたという感じです。

実績と人脈のサイクルを作ろう

実績が付いてくるとそれに見合った人脈ができていく。

人脈が増えて仕事を振ってもらえるようになるとさらに実績が積みあがっていく。

実績と人脈を持つことで、単価どうのだけじゃなく、自分が本当にやりたい案件ができるようになって、ますます仕事が楽しくなっていきました。

わたしがランサーズで仕事を探していたのははじめの半年ぐらいで、あとはランサーズ内での直接依頼や継続案件、それから署名記事経由での問い合わせなど、ランサーズ外でも仕事がとれるようになりましよ。

今抱えている仕事はすべてリピーターと人脈から。

あと自分でやっているオンラインサロンやnoteといったものも、相応の実績があるからこそ買っていただけるし、人脈があるからこそ周りに勧めてくださる人もいるってことで。

「クラウドソーシングで実績と人脈を作る」という方法は再現性が高いノウハウだと思っています。

わたしよりすごい人たちもたくさんいて、その人たちは当然、わたしよりすごい実績や人脈を持っているってことになります。

でもどれだけすごい人たちだってはじめは何もないところからスタートしているし、小さな実績・小さな人脈を少しずつ大きくしていった結果が今のその人を作っているということ。

クラウドソーシングは単なるお仕事マッチングサイトではなく、実績や人脈をゼロから作れるツールだととらえると、また仕事への姿勢も変わってくるのではないでしょうか。