YOSHIMINATSUMI

HOME

YOSHIMINATSUMI

MENU

電車の運賃を二重に取られてしまい、260円とは言えすごく損した気分の吉見です。

ピッとかざすだけで支払える電子マネーはおそろしく便利ですが、その反面、うまく決済できないとか、「もしかして二重決済になってない?」ということも。

「もう一度かざしてもらえますか?」と言われても、こちらで決済されたことを確認できれば反論できますよね。

というわけで、ちゃんと払えたはずなのに「もう一度」と言われてしまったときのために、「Suicaの利用履歴をすぐに表示させる方法」を書き留めておきます。

Suicaのアプリでは「前日まで」しか確認できない

Suicaの利用履歴はSuicaアプリから確認できます。

が、なぜか「前日分まで」なんです……!

たった今払ったものに関しては確認できない。

なぜなの。

ApplePayなら「Walletアプリ」で確認

ApplePayを使っている人は、Walletアプリから当日分も含む利用履歴が確認できます!

つまり、ちゃんと決済できたはずなのに「もう一度」と言われてしまったときは、すぐさまWalletアプリを開けばいいんですね。

Wallet内にあるSuicaをタップすれば利用履歴も確認できるようになっています。

ただし、ApplePayをiPhoneではなく「AppleWatch」で使っている人は要注意!

まさしくわたしです。

AppleWatchユーザーは「AppleWatchアプリ」を確認

AppleWatchを使っている人は、iPhoneのWalletを見てもSuicaが登録されていないと思います。

AppleWatchの場合、「AppleWatch内のWallet」が別であるんですよ!

わたし、駅員さんに「あれ?入場記録がないですよ、どこから乗りました?」とちょっと怒り気味のトーンで言われたせいでパニクってしまい、うっかり忘れておりました。

iPhone内の「AppleWatchアプリ」を開いてください。

そこからSuicaを選びます。

そして、「利用明細」を選んでください。

すると、当日分も含んだ利用履歴が表示されます。

駅名のところは消していますが、まったく同じ区間の決済が2つありました。

ほら、ちゃんと払えてたやん……!

と思ってもときすでに遅し。わたしが「そうだ、AppleWatchアプリから確認するんだった」と思い出したのは、電車を降りてから30分後・・・。

駅に引き返すのにも時間がかかるし、また、駅に行ったときに駅員さんに伝えようと思います。取り消しできるかな。

たった260円だけど、こういう「まったく払う必要のないモノ」にお金を使うって嫌だわ。

Suicaの履歴の確認方法は覚えておこう!

AppleWatchでもiPhoneでも、ApplePayで決済したときには画面に支払金額と残高が表示されるので、こちらでは決済が完了してることがわかります。

だから、本当はすぐにその画面を見せるのが一番いいと思います。でも、焦ってしまうとすぐ画面を操作してしまったりして、大事な画面が消えちゃうんですよね。

そんなときは、すぐさま利用履歴を表示させましょ。

後ろに人がいると余計に焦っちゃってつい言われるがままに払ってしまったけど、こんなのも何度も続けばそれなりの出費になりますしね……。

レジならちゃんと履歴が残るはずだし多分こんな二重決済はそうそう起こらないと思うんですが、電車はまた違うのかな。よくわからんけど。

Suicaに限らず、電子マネーはお店側が不慣れなこともまだまだ多いので、ちゃんと払ったよ!っていう証明ができるようにしておいた方がいい気がしました。

今回はSuicaだったけど、その他の電子マネーについても、利用履歴の表示方法は改めて確認しておきたいですね。