YOSHIMINATSUMI

HOME

YOSHIMINATSUMI

MENU

居場所が1つか2つしかないのは良くありません。

多ければいいというものでもないけど、少なくとも3つはあったほうがいい。

そのうち1つは、ほかの居場所とまったく関係の無い居場所のほうがいい。

居場所が少ないと、人間は追い詰められやすくなるからです。

居場所が少ないほど依存度は高くなる

居場所が1つしかなければ、そこに依存してしまいます。「わたしにはここしかない!」と。

うまくいっているときはそれでいいかもしれないけど、嫌なことがあったり、トラブルがあったりすると追い詰められます。

「わたしにはここしかないのに」って。

思ったことをストレートに伝えられないとか、気を遣いすぎてしまうといったことも、居場所の少なさからきてるんじゃないかな、と思うんです。

「この居場所がなくなったら困る」と思うと、思い切ったことは言えなくなってしまいますからね。

仕事でも、家庭でもなんでも。

だから、居場所は多いほうがいいのです。

居場所がなくてつらかったころ

中学生のころ、わたしは「居場所がない」と感じていました。思春期でもあったので「生きている意味はあるのかな」とかそんなことばかり考えていました。

当時のわたしの居場所と言えば、家(家族)と、学校。

いろいろあって当時は家が好きになれない。

転校した先の中学になじめない。

心休まるときはなく、楽しいこともなく、生きているのがつらい、と思っていました。

居場所がほかにもあれば、「家と学校がつらくても、ここにいるときは安らげる。つらいときはここに逃げ込もう」ってなるはず。

そんな場所が、わたしにはありませんでした。

ほかの居場所と関係性の薄い居場所が重要

中学生なら、家と学校のほかに、「習い事関係の居場所」がある人は多いです。

わたしもピアノを習っていたので、もう1つ居場所があったとも言えます。

ただ習い事関係の居場所というのは、家もしくは学校との関係が大きい場所ではないでしょうか。

地元の塾であれば同じ学校の人も多いだろうし、学校がつらい人にとっては塾もつらい場所になる。

わたしが当時習っていたピアノの先生は、小学校時代の同級生のお母さんで、しかも、わたしの母親とも仲が良い人でした。

居場所が3つ以上あっても、ほかの居場所と関係が大きい場所だとあまり意味はありません。

居場所はいくつあってもいい

今のわたしには、たくさん居場所があります。

家、仕事、地域(ママ友など)、学生時代の友人。

仕事で嫌なことがあったとしても、家族もいるし、ママ友と話してたら楽しくなるし、学生時代の友人と会うのもいい。

さらに仕事も、クライアントが複数いてそれぞれを「居場所」だと感じているし、ライター仲間もいます。

今はネット上でも居場所が作れるから、本当に良い時代。

居場所が少ないと、1つがうまくいかないだけでつらくなります。

最低3つはあったほうがいいけれど、3つではまだ少ないかもしれません。

つらいときは買ってでも居場所を作ろう

意識している人は少ないと思いますが、居場所は買えます。

つらいときは居場所を買ってもいいと思います。

たとえば、わたしは居場所を求めてエステに行くこともあります。

知らない人ばかりだし利害関係も無いから、誰にも言えないような悩みも言える。普通、知らない人にいきなり悩み相談なんてできないけれど、お金を払えばそれができます。

占いに行く人なんかも、居場所を求めてる感がありますね。

あと、「行きつけのお店」なんかも居場所です。

刑事ドラマに出てくるような小料理屋も、スナックやキャバクラも、居場所を提供しているという側面がありますよね。

つらいとき、ただ「飲みに行きたい」とか「知らない人ばかりのところに行きたい」だけじゃなく、「今のわたしに必要な居場所ってどこだろう」って考えてみるのもいいんじゃないでしょうか。

居場所が多いほど人は自由になる

居場所を「所属するグループ」と考えるとなんだか自由がなくなっていきそうにも思えますが、実際は逆です。

居場所が多いほど、「ここがダメになったとしてもわたしにはまだまだ居場所がある」と思えるから、自由に振る舞えます。

もちろんここで言う「自由」というのは変な遠慮をせず、気を遣いすぎずという意味であって、傍若無人とは異なりますよ。

とは言え、自分に合わないなと思えばその居場所を飛び出す自由もあるし、それをそのグループの人は「傍若無人だ」と思うかもしれないけれど、それはそれでいいんじゃないかな。

居場所が多すぎても1つひとつの居場所の大切さが失われるように考えてしまうけれど、今のところ、わたしはどれだけ居場所が増えても「居場所ありすぎ」とは思いません。

居場所が多いことの弊害は、居場所が多くなってから考えればいい。

やっぱり、居場所が少ないことのほうが良くないと思うし、居場所がないせいでつらい思いをしている人は、とりあえず買ってでも、居場所を手に入れてほしいです。

居場所がいくつもあるっていうそれだけで、本当に気持ちは楽になると思うから。